原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名亡き妹へ
コメント 2011年1月に89歳で召天した母の作品。2003年8月4日の日付がありました。
15歳の妹がいました。丁度8月6日に今の原爆ドームへ学徒動員に出ていて被爆。
戸板に乗せられて家の裏山まで運ばれましたがその日に死亡。
祖母はおはぎが好きだった彼女のために、小豆を炊いてでも砂糖がなかったので塩味のおはぎを作ったそうです。
なんとか助けて、と泣いて軍医さんに頼んだけれど
「このクスリしかないんだよ」と悲しそうな顔をして塗り薬をくれた…
「おねえちゃんはやさしいね…」というのが最後の言葉だった、と。
その思い出が綴られていました。
母も祖母も被爆者手帳をもっていました。原爆の日は終わりましたが、母の名前もそこに記載されたと思います。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 600pixel × 436pixel (14 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=yasukomi

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト