原寸大

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名石巻から 第5便
コメント 今日は石巻は雨だったようで、作業も大変だったことでしょう。ボランティアに来る人もいろいろなタイプがあるようですね。町を壊滅させるほどの大自然の猛威には圧倒されます。


3月31日 雨
朝から雨で少し気が滅入る。
外でご飯を炊くにも風雨が強くて、火のお守りも大変。

いつもの様に、家財出しをしていたら、『炊き出しが有るから来て』と立正校正会の人が3回呼びにきた。被災者家族の人も『行って食べて来て』と言うので、昼食は用意していたが、うどん、パン、おにぎりを食べて来た。

来て5日目の作業日で、最初のグループメンバーも少しずつ変わって来た。
今日から来た18才の子は、愛知県から自転車で7日間かけて来たそうです。
2日前に仙台市青葉区のボランティアセンターに行ったところ、初めは県外者はダメと言われたが結局そこに居られたが、2日間は待機時間ばかりでやる事が無くて、畳出し等のキツイ仕事がしたいから昨日石巻に来たと言っていたので、凄い子だと思いましたが、いざ畳出しが始まっても1枚運んだら止めちゃたり、休憩時間が終わっても一人ゆっくりお菓子を食べているし、少し不思議な子でした。
石巻に来る時も帰る時も少し観光しながら帰ると言っていましたし。(帰りはバスで帰る予定との事)

いつも作業を一緒にしている24才の子は、センター開設初期の21日に三重県から来た子で、自分で発電機や救援食料を買って来て、このあたりで一番被害が酷いのは何処かと聞いて、初日に女川町の小学校に届けに行ったそうです。
電気がつくのは1ヶ月後と言われた地区で、凄く喜ばれたそうです。
今日の作業終了後、彼の案内で女川町に行って来ました。比較すべき事ではありませんが、確かに石巻以上と言ってよい位の酷い状況でした。
高さ20m位迄やられている感じでした。
余りに凄くてまだボランティアも余り入れない様です。(ボランティアは生きている人に対してしか機能しませんから)
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 KDDI-ST / W62SA
焦点距離 / 35mm換算 4.8 mm / 28 mm
ホワイトバランス Auto
フラッシュモード Auto, Did not fire
サイズ 320pixel × 240pixel (50 kB)
撮影日時 2011:03:31 16:52:56
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=sizen

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト