原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名思わず・・・
コメント 買っちゃいました、PENTAX K100D!
今までD50プラス超広角レンズ1本でやってきましたが、旅行に行った時にデジ一眼で望遠で撮りたいという場面がたびたびあったのです。

例えばこの冬の北海道旅行で屈斜路湖の白鳥や知床の鹿など。
今年の夏もたびたびありました。
FZ5でも条件が最高に良ければ悪くない写りをしますが、それでもデジ一眼には勝てないだろうという事で。
実際鹿や白鳥も撮ったのですが、使える画質ではありませんでした。

レンズだけ望遠を買えばいいのですが、長い旅行中にレンズ交換してゴミが入ってしまうと、それ以後の写真すべてにゴミが写るのは辛すぎます。
特に空を大きく写す事が多いので。
交換も面倒だし、2台を用途に応じて使い分ける方が気持ちとしては楽なので思い切ってもう1台となったわけです。

D50をもう1台でも良かったのですが、望遠域での手ブレ補正には高いレンズを買わなくてはなりません。
VR70-200とかだと20万くらいします(◎-◎;)!!
おまけに1200gとかあるしとても旅行には持っていけません。
安いレンズでも手ブレ補正を利かすには、このK100Dかソニーのα100、あと最近発表されたK10Dとあります。

その中でK100Dを選んだ理由は・・・

・安い(決算期を狙い値引き交渉〜なんとボディが5万8千円になりました。 さらにキャッシュバックキャンペーン中なので実質4万8千円!)

・600万画素の方が諧調性に優れ、高感度にも強い。 必然的に望遠撮影にも強くなる。

・どうせパソコンのモニターでしか見ないので600万以上あっても意味ない。 プリントするにしても足りない事はない。

・画素が少ないおかげでよりたくさん写真が撮れるし、パソコンでのデータ処理も軽くて楽々。

など、私にとっては600万画素機の方が都合がよいのです。

とりあえずレンズはシグマ55−200を注文。
激安レンズですが、この値段からは考えられないシャープな写りと評判の1本です。
あくまでこの値段では、ですがこれ以上高いレンズだと重さが飛躍的に増していくので、こないだみたいな登山に持ってけないのでは意味なし。
どうしても不満が出るならそれから考えましょう。
取り寄せなのでまだ手元にないですが、楽しみです。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 NIKON CORPORATION / NIKON D50
レンズ Tokina AT-X 124 AF PRO DX - AF 12-24mm f/4
焦点距離 / 35mm換算 24.0 mm / 36 mm
シャッタースピード 1/4
ホワイトバランス Auto
フラッシュモード No Flash
サイズ 640pixel × 504pixel (68 kB)
撮影日時 2006:09:17 01:00:14
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=degicame

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト