原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名今昔乙女連の蟷螂生
コメント 6月5日は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」。
芒(イネ科植物の穂先にある毛のような部分)のある穀物の種をまく時期だそうです。
そして、七十二候では「蟷螂生(かまきりしょうず)」。
カマキリが生まれる頃だとか。

そんな昨日今日、読み終えた本は『リバース』湊かなえ著。
はじめ、とろとろ、後半一気読みでした。
ドラマ化されて放映中。ドラマも佳境に入ってきました。
ドラマでは原作に登場しない人物が登場し、ん? ですが・・・。
ドラマが原作と違うのは、よくある話^^;
ドラマの第一話はとってもカッタルく、話が進むに連れ、それなりに面白くなってきています。

《深瀬和久は平凡なサラリーマン。自宅の近所にある<クローバー・コーヒー>に通うことが唯一の楽しみだ。
そんな穏やかな生活が、越智美穂子との出会いにより華やぎ始める。
ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。
深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか―と。》―文庫本カバー裏より―

斑尾高原で『水蕎麦』なるものを食する深瀬とゼミ仲間。
『水蕎麦』? それ何? 普通のざる蕎麦、せいろに載った蕎麦をまずは冷水にくぐらせて食べるのだとか。
《口から鼻の奥までいっぱいに蕎麦の香りが広がった》そうな。
食べてみたいです〜〜(^^)

『蕎麦』が小説のキーポイントとなることも、書いておきましょ。
ラストで、"やられた〜〜" でした^^;
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 434pixel × 600pixel (99 kB)
撮影日時 2017:06:03 12:48:43
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=3824

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト