window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* テキトーにネタを作って公開する場所

日時: 2010/10/17 22:16 メンテ
名前: スルーするー

誰でもご自由にお気軽にどうぞ。
ただし、内容次第によっては削除される場合があります><

(スパム、不謹慎すぎる時事ネタ、他人の誹謗中傷など)
 
Page: [1]
* Re: ( No.1 )
日時: 2010/11/13 23:00 メンテ
名前: 極東(強制退室)

漫才/夢への登竜門

トキ:最近カイジにハマっててこの面白さを皆さんに伝えたいから、アイドルオーディションを開催しようかなと思いまして。

   名付けて帝愛ドルオーディションだよ!

レナ:下らないよ!てか帝愛ってカイジの敵だし!イメージ的に真逆だから繋がらないよ!

トキ:大丈夫だよ。華やかな世界も所詮はカイジ並みにドロドロしてるからね。

レナ:夢も希望も無い事言うな!………まあいいや、オーディションの内容気になるから言ってみて。

トキ:まずは一次予選はビルとビルの間の鉄骨渡り!これで参加者を半分に絞ります。

レナ:初っ端からラスボス級の課題出た!二つの意味で落ちたら大怪我するヤツ!決め方が残酷だよ!

トキ:渡り切れたら二次試験へと進めます。落ちた人達は治療費自己負担で救急車に運ばれます。

レナ:踏んだり蹴ったりだ!三つの意味で落とされて可哀想に。

トキ:二次試験は会長の足を突っ込んだワインを飲み干します。

レナ:それ精神的にキツいヤツ!てかそれ一次にしようよ!

トキ:断ったら容赦なく地下帝国でシェルター作りに駆り出されます。

レナ:敗者への罰ゲームキツいな!参加する意義が見いだせないよ!

トキ:三次試験は麻雀です。負けると当然血液抜かれます。

レナ:それアカギ!別の漫画から出すな!

トキ:血液抜けきって生き残った人は多額の保険金を受け取っていよいよ最終試験に進めるんだよ。

レナ:多数の犠牲者出してまで続ける意味は果たしてあるの!?いや無いっ!!

トキ:最終試験は歌とダンスと水着審査だよ。

レナ:至って普通!!命の危険に晒される必要が感じられない!

トキ:しかしここで負けた人は獲得した賞金が没収され、借金まみれになって帝愛が経営する店に売られます。

レナ:最低だな!でも地下帝国や血液抜かれるよりはマシか!

   やめやめ!こんなアイドルオーディション誰も来ないよ!訴えられるよ!

トキ:嘘でしょ…?

   ざわ…
            ざわ…
      ざわ…

レナ:いやいい加減にしてっ!
* Re: テキトーにネタを作って公開する場所 ( No.2 )
日時: 2010/11/13 23:08 メンテ
名前: スルーするー
参照: http://surukyappu.chatx.whocares.jp/

スリーシアタアッー(テーマ・・・オーディション)


前説
・モストデンジャラスレンホツ 

コント/めちゃイケオーディション(キャラ崩壊かつ原作崩壊)

焔椎真:俺の名前は焔椎真!
愁生:俺の名は愁生。
天白:My name is Mr.タカシロ!
焔椎真:3人合わせてモストデンジャラスレンホツだ!
3人:ヴェーーーー。

審査員:・・・うん。帰れ。

焔椎真:はい、帰りまーす。
    ・・・って言いながらも花瓶を壊して帰ろうとする俺、ワリー!

審査員:・・・モスデンさんのパクリはいいから・・・。

焔椎真::ここでボケ潰しをする審査員、ワリー!

審査員:・・・貴方、モストデンジャラストリオさんバカにしているでしょ・・・。

焔椎真:そんな事ねぇよ!お前らも言ってやれ!

天白:はいはーい。俺、レイガに傷を負わせてしまった。ワリー!

審査員:・・・レイガって誰なんですか?

愁生:言わないよ。俺たちの敵だから。

焔椎真:言わないよって言いながら言っちゃうお前、ワリー!

審査員:へぇ・・・。・・・実は僕・・・、レイガなんだ・・・。ごめんね。嘘ついちゃって。
    僕ね、めちゃイけのオーディションって言いながら実は君達を倒すためのオーディションをしていたんだ。

焔椎真:・・・って言いながらフジテレビの楽屋を貸しきってオーディションしちゃってるレイガワリー!

レイガ:・・・さてと、彼らを殺すとするか・・・。




ナレーション:・・・その後、彼らの姿を見た者は誰もいない・・・。






本編
・イブニングムーン
倉造:白冬、怒らないで聞いてくれ。俺・・・、あのオーディションに参加する事にした。
白冬:お前・・・、あのオーディションがどういうオーディションか分かっているのか!?
倉造:ああ、知っているよ!死者が出るかも知れないのは分かっているよ!
白冬:バカかよお前・・・、俺、お前の事すっごく大切に思っていたんだぞ!親友が消えるのは嫌だというのに・・・。
倉造:・・・お前・・・、今さっき俺の事、親友って言ってくれたよな?
白冬:気のせいだろ・・・。
倉造:白冬・・・、ごめん。俺、間違っていたよ・・・。今からオーディションの受付の取り消しをしてくる。
白冬:本当にか・・・!?
倉造:ああ、今から電話する。(プルルルルル・・・プルルルルル・・・。)
白冬:良かった・・・。本当に良かった・・・。
倉造:・・・もしもし。はい、倉造健護です。オーディションの参加を取り消ししたいのですが・・・。・・・はい、分かりました。(プツッ)
白冬:倉造・・・!
倉造:白冬・・・、何故か俺の携帯電話からいきなり架空請求メールが沢山来たんだが・・・。
白冬:ええっ!?そのオーディションの履歴書メールアドレス書く場所あったんだな・・・。
倉造:まさしくその通りだ。しかも、必須項目だった。
白冬:なんて卑怯な・・・。藤木君の卑怯が可愛らしく見えるよ・・・。
倉造:しかもその架空請求メール、全部内容が「金送れカス」なんだけれど・・・。
白冬:内容のレベル低っ!てか、それはただの脅迫じゃん・・・。
倉造:これ・・・、法律相談所とか何かに伝えたほうがいいよな・・・。
白冬:ああ、その方がいいと思う。オーディションは中止になって死者は出ないと思うし・・・。
倉造:そういやこのオーディションって、グルメレポーターのオーディションなんだよね。何で死者が出るんだろう・・・。
白冬:・・・そういやそうだな・・・。
倉造:とりあえず、法律相談所に行って、訴えてくるね・・・。
白冬:うん。行ってらっしゃーい。
倉造:・・・謎は深まるばかりだな・・・。



・桜爽詩(さくらのそうし)
雨城:全く逸材が出てこないなぁ・・・。でも、次の人は面白い人材に見えるな。期待しよう。次の方どうぞー。
黒桜:失礼します。エントリーナンバー0721、語呂合わせするとオナニーの黒桜です!よろしくお願いします!
雨城:いきなりオナニーとか言い出したよ・・・。これ、教育番組のオーディションなのに・・・。
黒桜:年齢は17歳、出身地は日本、趣味はどんぐり拾いです!
雨城:いや、いきなり自己紹介されても困るから、ちょっと落ち着いて・・・。今から質問するから・・・。
黒桜:は、はい・・・。あ、やっぱりいいえ・・・。
雨城:いいえとか言わないでー!こういう変なボケされると困るからー!
黒桜:いや、僕はただ自分の思いを正直に言っただけで・・・、
雨城:そういう思いがオーディション落選の原因になるんだよー!ねぇ君、バカなの・・・?
黒桜:そんな事はいいので、速くオーディションを開始してくださいよ・・・。
雨城:君・・・、もうその時点で落ちると思ってろよ・・・。
黒桜:あ、落ちるんですか。なら帰りますねー。
雨城:いい加減にしてくれ!!どうしてそうなるんだよ・・・。
黒桜:落ちたんでしょ。なら参加する意味が無いじゃないですか。
雨桜:お前は諦めが速すぎるなオイ!!松岡修造呼んできて、お前に向かって諦めんなよ!って連呼させるぞ!
黒桜:何故オーディションなのに有名人呼ぶのですか?今、そんな時間ってありますか?僕にかまう時間必要があるなら次の人呼んだほうがいいでしょ。
雨桜:なら出てけ!!今すぐにだ!!
黒桜:はいはい。分かりましたよ。・・・痛っ!ギックリ腰になった・・・。
雨桜:お前、大丈夫か!?
黒桜:・・・なーんてね。嘘でしたー。まさか引っかかるとはなぁ。また時間の無駄遣いをしましたね。
雨桜:今すぐ帰れー!


・青水弥洋
新たなチンポの呼び方オーディションの最終選考ってやつの審査員になったのでここで審査の結果を発表します。
まずは没の発表から・・・。

「キリンの首」頭の部分が先っぽの部分に見えないので没。
「乾電池」おしっこも精子も黒っぽくないので没。
「面貌」先っぽの部分が2つあるので没。ある意味ふたなりだけれども。
「魚肉ソーセージ」人の体は魚肉で出来ていないので没。
「シャベル」チンポはある場合は確かに掘るけれど、掘るときはドリルや矢の様に貫くので没。
「矢」弓道を愛する人々に殺されると思うので没。形はまさしくチンポの様だった・・・。
「ドリル」先っぽが縮こまっているので没。
「大根」先っぽが縮まっているので没。てか、こっちが受かったらドリルも合格だろうな。
「ゴボウ」毛が生えるのはチンポの周りであって、チンポ自体に毛が生えないので没。
「ロールケーキ」そもそも形が違うので没。てか、どうして最終選考まで受かったのかが疑問。
「うまい棒」確かに先っぽに穴は開いているが、あそこまで大きくないので没。
「辛そうで辛くない少し辛いラー油」棒状ですらないものなので没。てか、残した奴出て来い。流行しているからといって残すなよ。
「甘そうで甘くない凄く甘いラー油」何でこっちまで残っているんだよ。凄く甘かったら甘くない訳ないし、甘いラー油ってどんなんだよ!
「ラー油」何でラー油が3つあるのかが知りたい。ラー油は血の呼び方のほうが相応しいだろ。
「僕らの夜の青春」うーん、これは惜しかったですね・・・。夜の青春がオナニーとは限らないですし。惜しくも没でした・・・。


以上の14つでした。そして、栄えある合格呼び名は・・・。
(デケデケデケデケ・・・・・、デン!)
「精子発射ランチャー」!おめでとうございます。
採用理由 カッコよかった。
どうも、ありがとうございましたー。



FIN(どうもすいませんでした。)
* Re: テキトーにネタを作って公開する場所 ( No.3 )
日時: 2010/12/04 00:49 メンテ
名前: 五斂子@頑張ってみた
参照: http://ajisaidorinamegahuru.blog133.fc2.com/

会いに行くよ




山本 「お前、なにしにきたんだよ。朝っぱらから迷惑なんだよ」

落ち武者 「あ、その点は本当に申し訳ございません・・・」

山本 「謝らなくていいからさ、帰ってくんないかな?」

落ち武者 「いや、そうはいかないんです・・・」

山本 「なんでだよ?」

落ち武者 「う〜ん、使命感?」

山本 「迷惑すぎるよ! 朝起きたら立っていたからさ、ビックリしたよ!」

落ち武者 「驚かすつもりはなかったんです・・・」

山本 「お前その風貌でよくそんな事が言えるな。だいたい、落ち武者って普通日本刀とか持ってるだろ。お前の持ってる物はなんだよ?」

落ち武者 「あ、大根です」

山本 「大根!?」

落ち武者 「聖護院大根です」

山本 「普通の大根なら形的に何となく分からんでも無いけど、なんであんなカブみたいな大根持ってんだよ」

落ち武者 「やっぱベジタリアンなんで、その辺はこだわらないとということで・・・」

山本 「健康志向かよ! 落ち武者のくせに」

落ち武者 「やっぱ日々の健康管理は大切ですよ」

山本 「頭に矢を刺しながら言っても、説得力ほとんどないぞ」

落ち武者 「ああ、これはファッションみたいな物です」

山本 「どんなファッションだよ」

落ち武者 「こう、鼻ピアス的な・・・?」

山本 「お前のは生々しいんだよ」

落ち武者 「しょうがないですよ。不可抗力なんですから」

山本 「それはいいけど、結局おまえなんのために俺の所に来た訳?」

落ち武者 「あの、生活習慣の改善を促しに・・・」

山本 「はぁ!?」

落ち武者 「いや、近頃あなたの生活習慣が乱れていると、あなたの母上様から・・・」

山本 「確かに俺の母さんは死んでるけどさ・・・。え、じゃあ俺の母さんに会ってるの!?」

落ち武者 「いや会っているも何も、私の世界じゃあなたの母上は有名ですよ」

山本 「マジで!? どんなふうに?」

落ち武者 「霊会を束ねる大神官として・・・」

山本 「そんな出世してんの!? 生前パートのおばちゃんだったぜ!?」

落ち武者 「なんでも、閻魔様とその子分の魑魅魍魎どもと一人で互角に渡り合ったとか・・・」

山本 「そんなスゲーの、うちの母さん!? なんで生前その強さを活かさなかったんだよ!?」

落ち武者 「まぁ、人生何があるか分かりませんからね・・・」

山本 「もう終わってんじゃん」

落ち武者 「まぁそういうことでして、早速指導の方を」

山本 「待て待て待て、矛盾してないか?」

落ち武者 「何が?」

山本 「何がじゃなくて、お前自分の立場分かってんの?」

落ち武者 「使いパシリ」

山本 「そうじゃなくて。それはそれで悲しいけど」

落ち武者 「聞いてくださいよぉ」

山本 「いきなり愚痴るなよ。だから俺が言いたいのは、何でお前なんかに生活習慣をとやかく言われんといけないのかってことだよ」

落ち武者 「大根だけに、大混乱って感じですか?」

山本 「斬り殺すぞ」

落ち武者 「二度目はやだよ!」

山本 「一度でもやだよ!」

落ち武者 「とにかく、生活習慣を変えていきましょう」

山本 「あ〜、でももう多分無理だぞ」

落ち武者 「え?」

山本 「いや、だって俺今からそっちの世界逝くとこだし」

落ち武者 「ええ〜!? いつ死んだの!?」

山本 「いや、朝起きたらお前が立っていたから、ビックリしてそのまま心停止」

落ち武者 「なんだよ、無駄足じゃんかよ・・・」

山本 「無駄足じゃないよ。ほら、お前が持っている大根貸せ」

落ち武者 「え? あ、はい」

山本 「『大家さんへ、いつもありがとうございます。これ、実家でとれた大根です。どうぞお召し上がりください』」

落ち武者 「なにやってんの?」

山本 「手紙書いてるの。こうやって書けばいい人だと思われて、死んだ後マイナスイメージにならないだろ」

落ち武者 「人間って怖い」

山本 「お前が言うな」

落ち武者 「じゃ、僕帰ります」

山本 「あぁ、ちょっと待って」

落ち武者 「なんですか? 僕も忙しいんです」

山本 「向こうってジョン・レノンと美空ひばりでコンサートとかやってんの?」

落ち武者 「やってますよ」

山本 「超見てぇ! 早く俺を連れていけよ」

落ち武者 「人使い荒いなぁ! もう!」

山本 「よーし、レッツゴー!!」







































落ち武者「はい、やっと成功しました。大変でしたよ、浮遊霊に自分が死んだと思わせるの。あぁ、ちゃんと手紙は回収しました。空き家にあんな手紙が出てきたら大騒ぎになりますからねぇ。で、どっちに連れて行けばいいんですか? あぁ〜、やっぱり地獄ですかぁ〜。まぁ、何人も斬り殺してますからねぇ〜。生前僕も大変でしたよ。あいつにいきなり後ろから襲われて、あっという間でした。あいつにバレないようにするための落ち武者のコスチューム、重くて疲れますわ。じゃあ、僕はこれからオフなんで。は〜い、ではまた〜。

あぁ〜、生まれ変わるまで後三人か〜」

E N D
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存