現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:大吾さんへ 名前:ぽち
2017/02/24(Fri) 19:37 No.3457 



お返事ありがとうございます。

言葉が足りなかった点があると思うので、詳しく書かせて頂きます。

私と彼は、約2ヶ月前にとある掲示/板で出会いました。
その掲示/板で、私はSMについて教えて下さる方を募/集しました。
この時点で実際にお会いして調教をして貰うといった考えは私にはありませんでした。
ただ単純に、昔から興味があったSMという世界についてチャットを通して教えて貰いたい、という気持ちでした。
そこで、私に声を掛けてくれたのが彼です。

私はその時学業が忙しく、中々彼からのラインに返事を出来ずにいました。
そこで痺れを切らした彼が「いち度電話できちんと話をしないか」と。
そこで彼と電話をして、色々とお互いの事を話しました。
その時の記憶はあまり定かではないのですが、一応顔写真を交換する事になりました。
そして、彼はわたしの顔がかなりタイプだったらしく、本当に恐れ多いですが、一目惚れをしたらしいです。
そして「奴隷にならないか?」と言われました。
こんなに単刀直入な言葉ではなかったと思うのですが、あまり詳しくは思い出せません… 汗

実際に調教となるとどこか怖い気持ちもありましたが、私は気持ちを上手く人に伝える事が苦手で、その時に頷いてしまいました。
彼にとって、奴隷になるという事は恋人関係になる、という考え方の持ち主でした。
私も、その意見に賛成派なので、その点でも頷きました。
自分の浅はかさに呆れます…。。

当然ですが、彼とやり取りや電/話を重ねる度に、私は本当に調教をされたいのか?と思うようになりました。
彼はとても優しく、しっかりした大人な男性です。
やり取りを通して、それは痛いほど伝わって来ました。
そんな人とこんな適当な気持ちで付き合っていていいのか?

私は、SMについて全く分かっていませんでした。
実際に会えるまでは、メール調教が主になると彼に言われました。
なので、写真報告をしなさい、などと言われるのは当然だと思います。
ですが、私はそういった事は初めてだったので、びっくりしたのと同時に怖くなりました。
一応、写真報告はしていました。
でも、疲れが出てきました。
そして、耐えきれなくなり私は彼に
「やっぱり、調教はやめたい。私の最初の目的は調教ではなくSMを教えて貰う事。気持ちを弄んで本当にごめんなさい」
と、電話で気持ちを伝えました。

彼は「なんとなくお前の分かっていた。1日時間をあげるから、きちんと考えてもう一度答えを欲しい」と。
私は、彼に言われた通り深く考えました。

本当は、逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。
でも、彼の気持ちに負けて、このまま彼の奴隷として恋人として、やり取りを続けていく事に決めました。

彼は、写真報告も自分がしたい時でいい、と言ってくれました。
前よりも、私に丁寧に接してくれているのも、伝わって来ます。
先述した通り、家庭の事情により夏までは会えない為「直ぐに会えない私よりも直ぐに会えるM女性に行った方がいいですよ」
そういったやり取りは、電話でもラインでも幾度となくしました。
その度に、彼は「お前の事が好きだから、こうしてやり取りをしてる。直ぐに会えるかどうかが問題じゃない」と言ってくれます。
家庭の事で辛くなった時も、彼は優しく話を聞いてくれたりしました。

私は、いつの間にか彼の事を好きになってしまいました。
こんな関係で、ご主人様 恋人 と呼ぶにはおこがましいとは思います。

ですが、私はお会いした事もない彼を好きになってしまいました。

長々とすみませんでした。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: