今日の発見!みんなで話そ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:新しい野鳥情報です。  名前:コーヒー党 2013/11/24(日) 17:29 No.6045  操作


新しい野鳥情報を会員談話室にアップしました。


題名:これ誰?  名前:ken 2013/11/14(木) 11:47 No.6025  操作


6025の画像を原寸大表示します 相談を受けたのですが、何ものか分かりません。
ご意見をお願いします。

  
 

題名:Re: これ誰?  名前:つな 2013/11/14(木) 12:13 No.6026  HomePage 操作

kenさんがわからないのだから相当難易度高いです。
撮影場所は国内ですよね。一応場所の確認をお願いします。

クチバシの色だけに注目すればノジコになると思いますけど。
もちろん断定は出来ません。

  
 

題名:Re: これ誰?  名前:ken 2013/11/14(木) 15:50 No.6027  操作

ありがとうございます。
詳細不明ですが国内です。同じ場所にクロジとアオジが居たそうです。
ボクも黒いクチバシに注目して図鑑写真を探したのですが、カシラダカにも黒いのが見つかったので、これが判別ポイントになるのかどうかが分からなくなりました。

  
 

題名:Re: これ誰?  名前:まつ 2013/11/15(金) 09:29 No.6031  操作

 消去法で、アオジの亜種シベリアアオジの雌、一年目の冬羽の可能性はありませんでしょうか。
 まず、嘴の色は下がやや淡く真っ黒でないと思います。また、顔はアオジで、わずかに見える胸に黄色みがあるように思えます。これは、ウチの液晶ディスプレイのせいかもしれませんが・・・。アオジの雌は眉斑など不明瞭ですが、シベリアアオジは比較的、明瞭です。一年目冬羽ではというのは、♀成鳥の写真や図版はあるのですが、1年目がないためという極めて希薄な根拠です。
 ようするに手元にはシベリアアオジの資料がないので、消去法で可能性ということでのご提示です。お手元に資料のある方、検証していただければと思います。
 なんだか、クイズみたいで楽しいすね。

  
 

題名:Re: これ誰?  名前:つな 2013/11/15(金) 22:09 No.6032  操作

シベリアアオジのメスを見る機会は少ないですが、ノジコよりすっと可能性は高いですよね。

  
 

題名:Re: これ誰?  名前:ken 2013/11/21(木) 14:41 No.6038  操作

まつさん、わざわざありがとうございました。
シベリアアオジのメスは見たことがありません。というかメスは見逃しているのかもしれませんね。
この画像にはどうも既視感を覚えてなりません。もしかしたら皆さんもそうではありませんか?

  
 

題名:Re: これ誰?  名前:つな 2013/11/21(木) 17:57 No.6042  HomePage 操作

既視感 いわゆるデジャブですね。
まつ様がおっしゃるようにアオジだからじゃないでしょうか。

  
 

題名:Re: これ誰?  名前:kenharu  2013/11/22(金) 13:36 No.6044  操作

デジャブではなく、本当に見た記憶です。
ホオジロ類だけど特定出来ない、という経験は何度かありました。
まつさんに見ていただきたいと思い、只今写真在庫を検索中です。



題名:落ち穂拾い  名前:ポンチ 2013/10/30(水) 20:10 No.5990  操作


5990の画像を原寸大表示します 稲刈りが終わった田んぼなどで、トラクターで土を耕したりするところに、チュウサギだのアマサギなんていうのが付いて回っていたりする光景を見ることがあります。
おそらく掘り起こしたところになにか「いいもの」があったりするみたいで、時々ついばんでいたりする。
これもそれに近いものかと思いますが、向こうに何処かで見たような建物が見えますが、対岸で除草作業に降り立った、「ウミネコ」、「ユリカモメ」合同チーム。
なにか「いいもの」があるんでしょうねェ。

  
 

題名:チビも来た  名前:ポンチ 2013/10/30(水) 20:23 No.5991  操作

5991の画像を原寸大表示します 昨年は、もっと後。
遅れてやってきたような気がするけれど、今年はもう、多分今年産まれたチビだと思いますが、この群れに混じっていました。
成長の早い・・・というか、かあちゃんにくっ付いてきたやんちゃなチビなのかもしれませんが。

  
 

題名:Re: 落ち穂拾い  名前:つな 2013/10/30(水) 21:20 No.5992  操作

ポンチさんの投稿内容はブログにこそあっていると思います。
検討されてはいかがでしょうか。

  
 

題名:振り回される  名前:ポンチ 2013/10/30(水) 22:08 No.5993  操作

5993の画像を原寸大表示します ブログを解説して、結局それに振り回される人生という人が見受けられます。
実は昨年まで鳥なんてまったく相手にしていなかったのだけれど、足環を見てそれを見始めたら、結局それに振り回されて・・・
この秋も既に隅田川発進の子が5羽、今日は行徳発進の子(ユリカモメ)も帰ってきたけれど、もう、今年は見ないと心に誓っているのだけれど。
なんて言っているところに初めての「フラッグ」。
これも問い合わせていますが、鳥なんか見ているとろくなことにはならない。

  
 

題名:Re: 落ち穂拾い  名前:つな 2013/10/31(木) 08:02 No.5994  HomePage 操作

ポンチさんお願いがあります。
荒川や隅田川に飛来している野鳥の、足輪や標識の情報を相当お持ちのようなので、できれば写真付きでその個体の情報をおしえていただけないでしょうか。
いつどこでバンディングされてどこで目撃されたなどポンチさんの持っている詳細な情報を教えて下さい。
例えば先日「今日の発見」で発表されたバンディングされてから19年も経っているユリカモメは大変興味深いものでした。
それとポンチさんは幼鳥一般を「チビ」と表記されますが、できるだけ幼羽幼鳥、幼鳥、第1回冬羽という形での表記をお願いいたします。
よろしくお願い致します。

  
 

題名:Re: 落ち穂拾い  名前:ポンチ 2013/10/31(木) 15:29 No.5995  操作

5995の画像を原寸大表示します つなさん みなさん こんにちは。
まず、鳥に足環が着けられているというのを知ったのが昨年の冬のこと。
それから気にして見始めたと言う話で、その結果。
あくまで結果がたくさんの鳥を見てしまったということになるので、最初から情報を整理していたわけではありません。
今、データを見てみるとカワウは11羽。
オナガガモは9羽なんていう、この辺はまァ、自分でも記憶の中にないこともない。
でもユリカモメは今年の春までで138羽。
実はこの秋にさらに新たな鳥が2羽(まだ詳細はわかっていませんが)。
しかも、ユリカモメなどは連日。
3〜4日同じ場所で出会ったり、墨田川で出会った翌日に旧中川で出会い、さらにその翌日に荒川にいたなんていう奴もいる。
こうした鳥は、その都度報告しているし、秋に出会った鳥はまた春に出会ったらもう一度。
だいたい3か月をめどに間が開いたら報告するようにしています。
おそらくそれだけでも200件以上のメールをしているのかもしれない。
なんていう状況なので、私はその鳥の素性。
何処でマークを着けられていつ放鳥されたか、というデータはいただいていますが、それを私が何処でいつ見たかまでは管理していません。
1年間で撮影した画像だけでとんでもない数になるけれど、それを全て見直せば答えは出るのかもしれませんけれどね。
それを公開せよと言われても困っちゃうんですね。
実際に調査に協力して、そのデータをもらうとそこからいろいろ鳥の行動が見えてくる。
それがこうした調査に協力する者もメリットなのかもしれませんが、年齢、性別なんていうのも普通に見ていたらわからないものね。

また、チビと言っているのは当年の鳥だという意味で、おそらく第一回冬羽ということになるでしょうけれど、そのへんもいい加減です。
『セグロカモメ』と『オオセグロカモメ』の違いすらわからないドシロウトですからね。
鳥についてはまったくわかっちゃいないんですよ。

ちなみに添付画像は無理やりトリミングして読み取ったので画像が荒れていますが、今年の3月17日、行徳野鳥観察舎で成長、性不明に着けられたもので、放鳥後、10月30日が初めての観察になる。
というようなことなのだけれど、その間には当然カムチャッカ半島あたりまで旅をしているはずだけれど、それもホントかどうか?
それぞれの鳥にドラマはあるんですね。

  
 

題名:チビについて  名前:ポンチ 2013/10/31(木) 20:02 No.5999  操作

5999の画像を原寸大表示します 今、やっと探し出しましたが、これは今年の4月24日撮影。
隅田川のテラスの手すりにズラリと並んだチビ。
これはかなり貴重な画像ではないかと思ったりするのですが、隅田川に冬の間、訪れるのはほとんどが成鳥。
1月ごろからチビが混じり始めるという印象があったのですが、4月後半のこの時期。
おそらく成鳥は、既に旅立っている鳥も多いはず。
それに代わって、どこかから?チビの群れが現れたというストーリーのような。
それではこのチビ達。
今まで何処にいたのか?
それはもちろん謎なのですが、こうした若い鳥ばかりが揃うというのは過去に記録があるのかどうか・・・。
こうした事情を踏まえて、10月にチビが渡ってきたことを不思議に思ったりもしたもので。
東京湾の何処かにまとまっていたのか、もう少し南下していたのか?
どうなのでしょうね。
あッ、またチビと言うとクレームが来ちゃうかもしれませんが、おそらくそのほとんどは第一回冬羽がこれから故郷に帰ろうとするところかな?
みんな足がオレンジ色で、羽根に茶色い部分が混じっているでしょ。
もちろんこうした光景をみるのは初めてです。

  
 

題名:Re: 落ち穂拾い  名前:ポンチ 2013/11/20(水) 19:24 No.6036  操作

上の5993の『セイタカシギ』の「フラッグ」。
「フラッグ」自体見るのが初めてだったのですが、やっと返事が来ました。
まだ今年の9月24日に、谷津干潟で、山階鳥類研究所さんが装着、放鳥した鳥だそうで「雄」の「若鳥」ということのようです。
山階さんにお尋ねしていたので、もう少し早く教えてくれれば・・・
なんて言っていると怒られるな。
今現在、他にもたくさんの問い合わせをしていて、それもなかなか返事が来ませんが、数が多いので・・・。 

  
 

題名:Re: セイタカシギ♂若鳥  名前:つな 2013/11/21(木) 08:04 No.6037  HomePage 操作

ポンチさん 情報有り難うございます。
若鳥と言うのは今年生まれて、第一回冬羽に換羽した状態ということでしょうか?
瞳が黒くて可愛いですね。

  
 

題名:行動がわからない  名前:ポンチ 2013/11/21(木) 16:28 No.6041  操作

6041の画像を原寸大表示します 先方から「若鳥」とのことだったので、ハッキリしたことはわかりませんが、今年生まれの子なのでしょう。
ちなみに、荒川の『セイタカシギ』は3月中旬になると、ぱったり姿を見せなくなります。
しかし7月になるともうどこかから戻ってくるので、果たしてその間どこに行っているのか?
近場の谷津干潟とか、中央防波堤あたりで繁殖行動に入っているのか、あるいはどこか海外まで出掛けるのか?
これは昨日の撮影ですが、光の加減で羽が綺麗に見えます。
この子も若いのかもしれませんね。



題名:野鳥情報です。  名前:コーヒー党 2013/11/17(日) 19:23 No.6035  操作


会員談話室にアップしました。


題名:芝川第一調整池(見沼)の下見  名前:mas-san 2013/11/04(月) 16:53 No.6010  HomePage 操作


6010の画像を原寸大表示します 10日(日)は見沼の探鳥会です。早めでしたが、1日(金)に下見がてら調整池に行ってきました。チュウヒは2羽確認できました。名物の鉄塔のハヤブサも元気です。カモ類はほぼ勢ぞろい。カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリも来ています。アリスイも来ていますので、運が良ければ目の前で見れるかも。冬鳥の到着が例年より遅いようですが、10日にはハクチョウやベニマシコを期待したいところです。
なお、約3時間の探鳥の間、トイレはありません。また強風が吹くと避ける場所がありませんので、防寒対策をしっかりしてきてください。

  
 

題名:Re: 芝川第一調整池(見沼)の下見  名前:つな 2013/11/04(月) 19:11 No.6011  操作

masさん 下見ご苦労様でした。
昨日伊豆沼から帰ってきました、例年見られるツグミがいませんでした。
例年並みの鳥と遅い鳥がいるようです。チュウヒが見られるのは楽しみです。
とこのまさんのおっしゃるように少し曇り気味の天気を期待しましょう。

  
 

題名:Re: 芝川第一調整池(見沼)の下見  名前:まつ 2013/11/05(火) 09:28 No.6012  操作

すみません。今度の土日は日本野鳥の会の総会が幕張であり、出席できません。もし、質問をお考えの方がいらっしゃいましたら、掲示板に上げるなり次回に取っておいてください。
よろしくお願いいたします。

  
 

題名:Re: 芝川第一調整池(見沼)の下見  名前:つな 2013/11/06(水) 07:45 No.6014  HomePage 操作

まつ様今回はご一緒できないとは残念です。
会長と出席者で質問内容を練っておきます。
よろしくお願い致します。

  
 

題名:Re: 芝川第一調整池(見沼)の下見  名前:nobu 2013/11/08(金) 22:24 No.6015  操作

益子さん、下見お疲れ様です。
あまりお天気は期待できないようですが、行きますので現地で会いましょう。
まつ先生、今回はお目にかかれないのは残念です。次回、期待いたします。
綱さん、雨の確立、今日の予報では50になっていますが、意外と探鳥可能になるかも?行きますのでよろしくお願いします。

  
 

題名:Re: 芝川第一調整池(見沼)の下見  名前:まつ 2013/11/10(日) 17:01 No.6018  操作

 今日は、雨がなんとか降らないで良かったですね。ちょっと風が強かったかもしれませんが、それだけにチュウヒなどが飛べば、見応えがあったと思います。
 こちらは結局、風邪の後遺症の咳がとまらず、それに加えてぎっくり腰になってしまいました。おかげで、咳き込むと全身に痛みが走り回るという地獄の苦しみです。ということで、日本野鳥の会の総会も欠席いたしました。
 声もガラガラとなり、今、お袋に電話をしたら振り込め詐欺と間違えられると思います。

  
 

題名:Re: 芝川第一調整池(見沼)の下見  名前:つな 2013/11/11(月) 15:25 No.6020  HomePage 操作

まつ様 風邪とぎっくり腰のダブルパンチ!辛さをお察しいたします。一日も早い復活をお祈りするばかりです。
昨日は風も強く吹くことなく観察会は楽しく終わりました。
オオタカ幼鳥2,ハイタカ1,チュウヒ1、ノスリ1,チョウゲンボウ2と猛禽も出ましたし、ベニマシコ、シメと今季初の冬鳥にも会えました。
会長や会員が質問を考えてお待ちしておりますので、元気にお会いできること楽しみにしております。

  
 

題名:Re: 芝川第一調整池(見沼)の下見  名前:まつ 2013/11/15(金) 09:19 No.6030  操作

つな様
 ありがとうございます。
 観察会は、天候もなんとか持って良かったですね。
 芝川は貴会の観察会で初めて訪れ、それ以来ファンになった場所です。ここ2年は1年を通して訪れていますが、冬が面白い場所ですね。体調が回復したら、また行ってみたいと思います。



題名:松田蘭子展  名前: 2013/11/12(火) 18:34 No.6022  HomePage 操作


6022の画像を原寸大表示します 先日の見沼田んぼは主人ともども風邪でダウンして行かれず残念でした。12月に小さな画廊で個展を行います。よく知っている鳥、大好きな鳥を題材にした絵を20点ほど展示します。絵画お好きな方、銀座でランチしたい方どうぞ気楽にお立ち寄りください。


    松田蘭子展「 鳥 トリ BIRDS」

期日; 12月2日(月)〜8日(日)

時間; 午前11時より午後7時まで
    (初日は午後1時〜、最終日は〜午後5時)
    松田は12時頃から画廊におります。12/5(木)は    不在。主人は時々います。

場所; 銀座煉瓦画廊                       中央区銀座4−13−18医療ビル2F
    TEL;03−3542−8626

アクセス;歌舞伎座のすぐ傍です。メトロ日比谷線「東銀座」歌     舞伎座出口(3番出口)。歌舞伎座を正面に見て右側     の角を入り、歌舞伎座の建物に沿って30mほど行く     と道の右側にあります。2Fです。

  
 

題名:Re: 松田蘭子展  名前:つな 2013/11/12(火) 21:52 No.6024  操作

蘭さま 個展開催おめでとうございます!
展覧会の案内はがきいただきありがとうございます。
銀座かあ、用がないので何年も行っていません。
銀座でランチかあ、どこかお勧めありますか?
新しい歌舞伎座もちょっと見たいし、がんばって伺おうかなあ。



題名:足環読み取りの現実  名前:ポンチ 2013/10/31(木) 19:24 No.5996  操作


5996の画像を原寸大表示します この写真、足環に刻まれた文字が「6」と読めますでしょうか?
実はこれを撮るのが実に大変だった。
鳥がうまいこと角度を変えてくれないので、出来る限りの無理やりの態勢。
もちろん地べたに這いつくばるような姿勢で撮影したもの。

  
 

題名:Re: 足環読み取りの現実  名前:ポンチ 2013/10/31(木) 19:26 No.5997  操作

5997の画像を原寸大表示します この画像で「10B2」までが読めますでしょうか?
こちらは比較的楽な態勢で撮れたことは撮れたのだけれど・・・。

  
 

題名:Re: 足環読み取りの現実  名前:ポンチ 2013/10/31(木) 20:42 No.5998  操作

5998の画像を原寸大表示します この画像、「2229」が読めるでしょうか?
これらを組み合わせて、
「10B22296」と読んだわけで、実はこの子。
昨年私が読み取って報告している鳥。
今、研究所の方にメールしたばかりですが、この写真が認められれば、昨年に続き、今年も観察出来たことになります。
私にとっては、昨年の子にまた出会えた。
同じ場所に戻って来てくれた・・・
というような感慨も味わえるわけですね。
『オナガガモ』はユーラシア大陸の寒帯。
北アメリカ北部で繁殖するという記述があり、おそらくそこいらまで行って、また同じ場所に戻って来てくれたんじゃないか。
ま、私はなんら関係ないのだけれど、こういうことが知れることが面白いところで。
詳細は非公開にさせて欲しい。
ちなみに、足環が付けられたのは埼玉県越谷市の宮内省鴨場ではあります。

  
 

題名:Re: 足環読み取りの現実  名前:つな 2013/10/31(木) 20:11 No.6000  HomePage 操作

ポンチさん 僕が知らなかった情報ばかりです。
有り難うございます。
同じ鳥が同じ場所に来ているという情報は聞いていましたが、実際に足輪で確認できるというのは具体的に知りませんでした。
僕は毎年年末に中川(潮止橋〜吉川橋)のカモのカウント調査をして埼玉県に報告しています。
もう10年くらい前ヒドリガモ200+の群れにアメリカヒドリ♂が一羽入りました。そしてそれが5年続きました。
その時この群れは毎年来ている群れであることを実感しました。
ゆっくりでいいので公開できる範囲で、足輪を読み取ることで得た情報を教えて下さい。

  
 

題名:Re: 足環読み取りの現実  名前:ポンチ 2013/11/05(火) 16:59 No.6013  操作

今日、やっと返事が来ましたが、この記録が正式にデータとして登録されたようです。
私もわからなくなっていましたが、今年の1月3日に私が出会っていたようで、どこまで行ったのかはわかりませんが、この秋、初の報告になるそうで、まったく同じ場所に戻ったことが確認されました。
ちなみにこの子は2009年12月1日に宮内省鴨場で「年齢不明」の雌に付けられた足環とのことで、現在の年齢まではわかりません。
おつかれさん。
ま、ゆっくりしておいき。
『ユリカモメ』は連日、知り合いも、新たな子も現れて大変なことになっていますが。



題名:伊豆沼  名前:つな 2013/11/04(月) 08:58 No.6006  操作


6006の画像を原寸大表示します 土日で恒例の伊豆沼に行って来ました。金曜日夜出発の強行軍ですが、今回は天候に恵まれました。
観察鳥リストは拙ブログ「花のために」に掲載しました。
特別な鳥はいませんでが一日中マガンの声聞きながら探鳥して聖なる幸福感を味わえました。
また来年です。

  
 

題名:Re: 伊豆沼  名前:sato 2013/11/04(月) 11:43 No.6009  操作

6009の画像を原寸大表示します つなさん、Ishiさん、長時間の運転お疲れ様でした。
おかげさまで2日間、たっぷり楽しませていただきました。ありがとうございます。
今回は朝の飛び立ちは分散していましたが、十分迫力があり、やはり感動ものです。
蕪栗沼も良かったですねぇ。鳥見の楽しさを再確認、至福の時でした。



題名:勝手に下見  名前:とこのま 2013/11/03(日) 17:49 No.6004  操作


今日は伊藤若冲の動植綵絵2幅(30幅のうち)を見ようとしたのですが、最寄り駅の路線がまさかの車両故障。
予定を変更し芝川第一調節池をまわってきました。

池の中は葦の中に隠れている個体が多く、マガモ(50羽±)・カルガモ・コガモを中心に7種。
他にもハジロカイツブリ(8個体ぐらいいる)、カンムリカイツブリがいました。
猛禽類はノスリ・トビ・チョウゲンボウ・ハヤブサとちょっと寂しい結果。
小鳥類ではジョウビタキが縄張り争いを繰り広げていました。
普通種も合わせてトータルで36種観察できました。

この時期は動きが激しいので、来週になると鳥相がガラリと変わる可能性があります。
天気予報では「くもり」と芝川第一調節池の観察条件としては絶好の条件が望めそうです(水面の乱反射が無く、眼にやさしい)。
芝川第一調節池はこれからがベストシーズンです。

  
 

題名:Re: 勝手に下見  名前:つな 2013/11/04(月) 06:38 No.6005  操作

とこのまさん おはようございます。
10日の観察会は来てくれますよね。
10年以上前ここでもハマシギが越冬していましたが、見沼でもシギチが見られるといいのですが。
猛禽はチュウヒが加われば申し分ないですね。
土日で伊豆沼に行ってきました。年に一度のマガン巡礼の旅です。
マガン、ヒシクイ、ハクチョウの他冬鳥はチュウヒ、ジョウビタキ、ベニマシコ、カシラダカなど、カモはまだ数が少なくてこれからの感じがしました。ベニマシコは例年以上で関東でも期待できそうです。
またブログなどに結果報告します。



題名:シロバナタンポポ事情  名前:ポンチ 2013/10/28(月) 19:20 No.5982  操作


5982の画像を原寸大表示します 例年11月の中旬以降というイメージがあるのですが、今年は10月中旬にはかなりの開花を見ている『シロバナタンポポ』。
荒川では、結構アチコチに散らばっているのではないかと思いますが、これも冬の間に見て欲しい。
私が見るものは、もう6年ほど前からかな?
白花が黄色くなっていく。
寒い季節ほどその傾向があるのではないかと思いますが、なかなか悩ましい。
丁度クリーム色のようなものも出てきますが、一応『キバナシロタンポポ』という名前(学名)もあることはあるようです。
荒川全域、そんなものが見られるのかどうか。
なかなか一人では調べられませんからね。

これはまだ白いのだけれど、中央から変なものを出している奴。
花が突き抜けて、一つ伸びてしまっているのかとは思いますが。

  
 

題名:Re: シロバナタンポポ事情  名前:ポンチ 2013/10/28(月) 19:25 No.5983  操作

5983の画像を原寸大表示します 花の中央に、本来、花の外側に付く総苞片みたいなものが出てしまった花。
これは今年気にしてみたら結構あった。
花の遺伝子が持つ情報がうまいこと機能していないような気もしたりしなかったり。
ま、当たり前に帯化したりする花だから・・・。

  
 

題名:Re: シロバナタンポポ事情  名前:ポンチ 2013/10/28(月) 19:31 No.5984  操作

5984の画像を原寸大表示します 現在咲いている花はそんなにたくさんないので、かなりの頻度で変なものが出ていることにはなると思うけれど、花が二つくっ付いたものは目立ちます。
これは普通の黄色いタンポポでも見られますけれどね。
それより、真冬に黄色くなる『シロバナタンポポ』が気になります。

  
 

題名:Re: シロバナタンポポ事情  名前:つな 2013/10/29(火) 08:01 No.5985  HomePage 操作

ポンチさん 鳥の話題は一服ですね。
僕がシロバナタンポポを見る機会は余りありません。
桜が咲く頃数株見かける程度です。
そして秋に花を見た記憶がありません。探せばあるようですが、どこを探すのかもわかりません。
何回か文章読み直しましたが、ポンチさんの「今日の発見」への掲載の意図がよくわかりません。
あしだち会員に数少ないシロバナタンポポを見つけてもらって、咲いている様子に注目して欲しいということでしょうか?
でも「帯化」という用語は初めて知り勉強になりました。

提案なのですが、あしだちの多くの会員がブログをやっていて、日々の個人活動が紹介されています。
ポンチさんの投稿内容もブログにピッタリと思います。

  
 

題名:Re: シロバナタンポポ事情  名前:sato 2013/10/29(火) 08:52 No.5986  操作

5986の画像を原寸大表示します 私はシロバナタンポポの咲くところ知っています。
でも、それは春に小菅西公園へお花見に行く時に、荒川土手で毎年見るものです。
11月に咲いているものがあるとは知りませんでした。

それよりも、もしかしてポンチさんは荒川ビジターセンターの「川あるき」に参加したことがありますか?
今回の白花タンポポの奇形の写真を見て、普通の黄色いタンポポの奇形のことを思い出しました。
調べると、2012年4月22日、荒川右岸で変なタンポポをたくさん見ました。
みんなが福島の放射能の影響か?と驚くと、スタッフが「〇〇さんは、もう何年も前から荒川土手でかなり見かけると言っていた」と。
何回かお見えになったと思います。直接お話をしたことはないけれど、
荒川右岸の湿地で「よく分かりませんが、もしかしたらコウガイゼキショウ」と教えてくださったのを覚えています。

この奇形のタンポポについては、その後、虚酔さんに「帯化」という割によく知られている現象だと教わりました。
もう忘れかけていましたけど、今思い出しました!

  
 

題名:Re: シロバナタンポポ事情  名前:ポンチ 2013/10/29(火) 09:35 No.5987  操作

5987の画像を原寸大表示します すみません。
確かに帯化タンポポ男は私のことです。
実は以前は浮間公園あたりまで走って、アチコチでシロバナタンポポを見てはいるのですが、現在は上流に向かうことがなくなりました。
結構みなさん観察されているのかなと思って・・・。
これは今年の1月12日の撮影。
気温が低くなると・・・かと思っているのですが、昼間の最高気温が6度なんていう気候では、黄色い色が出やすくなるようで。
その時期に走り回るのも大変なので、どなたか気にしていただければと。
ちなみに、真冬の1月から2月初旬あたり。
昨年まではこのタンポポも休眠するかと思っていたのですが、実際はお休みなし。
雪でも降らなければ、なんとか真冬でも開花しています。

もともと『シロバナタンポポ』自体が雑種起源だという話もあるようだし、荒川に散在するもの。
その経緯というのも気になります。
また、ややこしいことに今では『ケイリンシロタンポポ』なんていう名前も出てくる。
もともと九州とか四国あたりで咲いていた白花のタンポポ。
それの分布というのがどうなっているのか?
また、寒さで黄色い色素を消す酵素のようなものが働かなくなるのではないか?
なんていうような、いろいろ疑問があるんですね。
出来るだけ広域に情報があればと思ったりしているわけで。

  
 

題名:Re: シロバナタンポポ事情  名前:ポンチ 2013/10/29(火) 09:16 No.5988  操作

5988の画像を原寸大表示します 『ケイリンシロタンポポ』も、その特徴が曖昧で、外総苞片の角状突起の大きさだとか内総苞片との比率なんていう話もでてくるけれど、どうも眉つばのような気がして。
私が千葉県あたりで見るものと比べると、外総苞片の突起はゴツイというイメージはあるのですが、個体差ももちろんある。
学者じゃないんだから4倍体と5倍体があるなんていわれても、そりゃ調べようもないし。
まァ、そんなこんなで、アチコチの情報、それぞれの特徴がわかればとおもったりしているわけで・・・・・。

  
 

題名:絵画モードで遊んでみた  名前:ポンチ 2013/10/29(火) 09:31 No.5989  操作

5989の画像を原寸大表示します 春の荒川のタンポポの帯化現象は、もう10年以上前から盛んです。
一時はテレビ局が取材に来たりして、「リン酸トリス」なんていう変な物質の話まで出ていたけれど、今は誰もそんなこと言わないでしょう。
未だ未解決だけれど、タンポポというのはそう言うものだとあきらめるしかないとも思ったりしますがね。
植物には興味があるのだけれど、鳥はまったくわからないし、近所の奴らの生態だけが気になるだけで。
在原業平の時代から、震災や戦災も経て、毎年飛んでくる近所の鳥もいることだし、その行動だけが気になります。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 10
11/24 (金) 10
11/23 (木) 8
11/22 (水) 9
11/21 (火) 12
11/20 (月) 6
11/19 () 5
11/18 () 4
合計: 78770

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web