火曜山遊会画像掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:パスをどうぞ
答え:

題名:折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:まつきち 2019/08/12(月) 08:59 No.6894  操作


6894の画像を原寸大表示します 3泊4日ののんびりソロテン山行でした。初日は折立から太郎平のテンバまで。最初の急登を越えると視界も開け道も緩やかに。チングルマのお出迎え。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:まつきち 2019/08/13(火) 08:49 No.6895  操作

6895の画像を原寸大表示します 太郎平小屋のテンバは薬師岳の方に20分ほど下ったコル。ビール販売・トイレあり。水は豊富!おじさま方は水場で上半身ハダカで水浴び・・えーーー!これってセクハラちゃうの?(笑)。雨で浸水しないような高台を選びテントを張る。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:まつきち 2019/08/12(月) 09:09 No.6896  操作

6896の画像を原寸大表示します 翌日は黒部五郎小屋まで縦走。太郎平で声をかけると9割方は雲ノ平方面でしたが、私はいつか行く赤木沢に思いを馳せつつ稜線に上がります。北ノ俣岳・赤木岳などのピークを越えて行きます。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:まつきち 2019/08/12(月) 09:13 No.6897  操作

6897の画像を原寸大表示します この稜線はたおやかで池塘ありお花畑ありの心穏やかに歩ける道でした。景色が素敵過ぎて足が止まります。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:まつきち 2019/08/12(月) 09:19 No.6898  操作

6898の画像を原寸大表示します でも五郎ちゃんのカールはそれ以上に素晴らしい!コバイケイソウ満開の中を歩きます。カール上部の雪渓からの沢は雪解け水なのでめちゃ美味い〜。ボルダーあり、沢あり、お花畑ありの、天国でしばし休憩。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 09:27 No.6900  操作

6900の画像を原寸大表示します 今晩のお宿は黒部五郎小屋のテンバ。笠ヶ岳がよく見えます。2泊3日で駆け抜ける計画なら三俣蓮華小屋まで頑張るつもりでしたが、カールでゆっくりできたので結果オーライでした(^。^)
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 09:35 No.6901  操作

6901の画像を原寸大表示します 3日目は双六小屋までなので時間はたっぷり。巻道を通って三俣蓮華小屋のサイフォンコーヒーを飲みに行こうと計画。この巻道のカールもめちゃ美しい。長い巻道を歩き小屋に到着。ウキウキとコーヒーオーダーのつもりが、カフェの営業時間外・・(T . T)まじかー。。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 09:38 No.6902  操作

6902の画像を原寸大表示します 三俣蓮華小屋からは、鷲羽がでーん!槍穂も見えサイコーのテンバです。必ず泊まりに来ると誓い三俣蓮華岳へ向かいます。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 09:49 No.6903  操作

6903の画像を原寸大表示します 三俣蓮華岳への急登は風がなく辛かったけど、お花が次々に出迎えてくれました。てっぺんは360度の大展望。この後の稜線はるゆやかに双六岳へ続いています。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 09:52 No.6905  操作

6905の画像を原寸大表示します ハクサンフウロ
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 10:00 No.6906  操作

6906の画像を原寸大表示します 双六小屋テンバ。私は早めに張れたけど午後遅くなるとん混んで来た。ただ、広いので困ることはなさそう。それより小屋が大変で平日なのに3枚の布団に5人だった模様。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 10:03 No.6907  操作

6907の画像を原寸大表示します 最終日。下山です。弓折岳方面から鏡平、わさび平、新穂高。ちょい寂しい。。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 10:04 No.6908  操作

6908の画像を原寸大表示します キヌガサソウ
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 10:06 No.6909  操作

6909の画像を原寸大表示します 花見平でプチ迷い。ソロ3人で道探し。なんと雪渓の上に道がついていた。後続のために↑を書いて通過。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 10:08 No.6910  操作

6910の画像を原寸大表示します 鏡平。残念ながら池に槍は映ってなかった。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 10:10 No.6911  操作

6911の画像を原寸大表示します 秩父沢出合では大勢休憩してました。上にあるであろう雪渓からの冷たい風と沢水で身体を冷やします。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:名無しさん 2019/08/12(月) 10:13 No.6912  操作

6912の画像を原寸大表示します わさび平で冷たく冷えた果物を食し、残りの林道を頑張ります。旅は終盤。さみしい。
  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:まつきち 2019/08/12(月) 10:20 No.6913  操作

6913の画像を原寸大表示します 素晴らしい景色を堪能できた4日間。ホント来て良かった。ひとりで判断することの重さ、旅人・岳人との語らい、全てが自分の糧になりました。今回のトレイルでは残置ザックが2つ。何があったのかはわかりません。双六小屋テンバでは心肺停止になった方もおり(心臓マッサージ)、熱中症には充分注意して山行してくださいませ。自戒を込めて。

  
 

題名:Re: 折立→黒部五郎岳→新穂高  名前:まつきち 2019/08/12(月) 10:59 No.6914  操作

6914の画像を原寸大表示します おまけ(ひとりで行かれる方へ)

往路
・バスタ新宿(新宿高速BT) (22:25
   ↓¥7900
  ・富山駅前 (翌 05:20 到着予定)
  運行会社:富山地方鉄道(株)

  ・富山駅前 (06:10 発車予定)
   ↓¥3500
  ・折立 (08:10 到着予定)
  運行会社:富山地方鉄道(株)

復路
 新穂高温泉(1055発)路線バス
  ↓¥560    
 平湯 平湯温泉(14:35発)高速バス
↓\5700
新宿



題名:後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 20:46 No.6874  操作


6874の画像を原寸大表示します 昨年、姉と共に五竜岳を登った際に、
重装備を担ぎながらとっても辛そうに鹿島槍ヶ岳側から
五竜岳に登頂してきたグループが居ました。

その辛そうな顔と登頂した時の笑顔が印象的で、
私もその喜びを味わいたくなりました。
『良し!私もテント泊で後立山縦走しよう!』と決めました。

その五竜岳でまさかあんな体験を味わうことになるとは。。

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 20:48 No.6875  操作

6875の画像を原寸大表示します 初日は、扇沢〜種池山荘〜爺が岳〜冷池山荘
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 20:52 No.6876  操作

6876の画像を原寸大表示します 爺ケ岳。
南峰、中峰、北峰。
爺が岳だけでも3つピークがあるなんて。
北峰の登山道は巻道のみだったので助かりましたけど笑

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/13(火) 18:27 No.6877  操作

6877の画像を原寸大表示します 爺が岳からみた鹿島槍ヶ岳双耳峰。
稜線にあるのが冷池山荘。
山荘の上にある10円ハゲみたいのがテント場

山荘とテン場、遠くね〜?

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 20:59 No.6878  操作

6878の画像を原寸大表示します 冷池乗越

冬は、この乗越を目指して赤岩尾根の雪渓を直登し、
詰め上げてから鹿島槍ヶ岳を目指します。

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:02 No.6879  操作

6879の画像を原寸大表示します 冷池山荘のテント場からみた、冷池山荘と爺が岳。

テン場は、山荘からさらに15分山登りした場所にありました。
おトイレも水場も山荘まで戻らねばならず、不便なテン場でした。

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:04 No.6880  操作

6880の画像を原寸大表示します テン場からは劔の山々が美しく。
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:05 No.6881  操作

6881の画像を原寸大表示します 翌朝、鹿島槍ヶ岳へ向かいます。
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:09 No.6882  操作

6882の画像を原寸大表示します 鹿島槍ヶ岳南峰
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:13 No.6883  操作

6883の画像を原寸大表示します 八峰キレット
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/12(月) 07:40 No.6884  操作

6884の画像を原寸大表示します 五竜岳にむかう。
この写真を撮って暫くしたら、空気が冷たくなり。
雨が降ってきたと思ったらあっという間に雷雲が発生して
五竜岳を飲み込みました。

頂上直下50m程。激しい雷と雨で、岩稜帯は滝となり、
立ち上がると雷に打たれそうで一歩も動けず。

1時間ほどその場で身を低くしてシュラフを被り待ちました。
目の前で数回雷が落ちました。

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:27 No.6885  操作

6885の画像を原寸大表示します 雷雲通過後、青空になり虹が出ました。
もう大丈夫なので山頂に立つことにしました。

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:28 No.6886  操作

6886の画像を原寸大表示します 信じられない光景が・・・
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:30 No.6887  操作

6887の画像を原寸大表示します 山頂道標に雷が直撃し、四方に板が飛び散っていました。
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:32 No.6888  操作

6888の画像を原寸大表示します 変わり果てた道標と。
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:33 No.6889  操作

6889の画像を原寸大表示します 変わり果てた道標と2
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:35 No.6890  操作

6890の画像を原寸大表示します 獲ったど〜!!
みたくなってるけど(^^;

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:37 No.6891  操作

6891の画像を原寸大表示します 3日目。
唐松岳にて。

  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:38 No.6892  操作

6892の画像を原寸大表示します 天空の城 唐松岳頂上山荘
  
 

題名:Re: 後立山縦走 2019.8.6-8  名前: 2019/08/11(日) 21:39 No.6893  操作

6893の画像を原寸大表示します 下山は八方尾根で。
最後は楽して降ります。

お疲れ様でした(^_^)



題名:丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 20:48 No.6857  操作


6857の画像を原寸大表示します 駐車場からすぐで入渓かとおもっていたら なんと!1時間半ほどの林道歩きでした〜汗。
 道中 山かかし にであったり ダンプとであったり、いろいろありましたが なかなかの水流のある沢でした。

 わたしが見たブログでは 水たまり のような沢だったはずですが やはり 連日の雨の影響なのか はたまた 放流だったのかは 定かではありません。

  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 20:51 No.6858  操作

6858の画像を原寸大表示します ところどころに 点在する ボルダリングの岩のようなものを 時には乗り越え はたまた 水流にのって 流されたり 淵をへつったり とおのおの 思いついた コース取り。
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 20:53 No.6859  操作

6859の画像を原寸大表示します 林道歩きの時の暑さが堪えたのか みなさん積極的に 沢に浸かります(笑)。
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 20:56 No.6860  操作

6860の画像を原寸大表示します とにかく 水がきれいで Mさんは水中眼鏡をもってきて沢底をのぞいていました。
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 20:58 No.6861  操作

6861の画像を原寸大表示します N倉さん へつってます〜。
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 21:01 No.6862  操作

6862の画像を原寸大表示します 時間の関係で 目的地 玄倉ダム は 行かず 途中で Uターン。
 そして 往路で 行きそびれた モチコシ沢 を復路で寄るということに。

  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 21:05 No.6863  操作

6863の画像を原寸大表示します ボルダリング大会がはじまりました!
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 21:08 No.6864  操作

6864の画像を原寸大表示します とにかく ちょっとした 段差 や へつり がおもしろいところでした。
 復路は川に流されながら 下る人 多数。

 私は極力 歩きました〜(笑)。

写真は 今回のリーダー。おつかれさまです。

  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:あらた 2019/08/07(水) 21:13 No.6865  操作

6865の画像を原寸大表示します 結局 下りの 川流れ と ウォータースライダーに夢中で モチコシ沢 は 次回に 持ち越しです・・・。

 次回の楽しみが増えますよね。

 リーダー良いプレゼン ありがとうございました。

  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:まつきち 2019/08/10(土) 17:12 No.6867  操作

6867の画像を原寸大表示します ブクブクー
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:まつきち 2019/08/10(土) 17:13 No.6868  操作

6868の画像を原寸大表示します 西丹沢の沢は水が綺麗!
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:まつきち 2019/08/10(土) 17:15 No.6869  操作

6869の画像を原寸大表示します わざと浸かってる人
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:まつきち 2019/08/10(土) 17:17 No.6870  操作

6870の画像を原寸大表示します ガンガン進むG藤さん
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:まつきち 2019/08/10(土) 17:18 No.6871  操作

6871の画像を原寸大表示します ジャバジャバ〜。深い?流されろ〜(笑)
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:まつきち 2019/08/10(土) 17:20 No.6872  操作

6872の画像を原寸大表示します ちょっとしたクライミングで盛り上がる
  
 

題名:Re: 丹沢玄倉川中流  名前:まつきち 2019/08/10(土) 17:22 No.6873  操作

6873の画像を原寸大表示します スラブをバックに集合写真。そろそろ折り返しましょ。


題名:無題  名前:あらた 2019/08/03(土) 19:03 No.6845  操作


6845の画像を原寸大表示します ヌク沢左俣右沢 令和元年7月30日(火)
 連日の大雨のせいか 増水気味のヌク沢にいってきました。

前夜泊 道の駅みとみ 野宿(笑) 

 西沢渓谷駐車場(05:30)→近丸新道→入渓点(07:30)→幻の滝上ナメ滝より 右岸尾根から戸渡尾根2250m付近に乗り上げる→(12:50)大休止(14:00)→戸渡新道→徳ちゃん新道(18:00)→(18:30)西沢渓谷駐車場

L赤坂 後藤 山内 佐久間 三ツ井


  
 

題名:Re: 無題  名前:あらた 2019/07/31(水) 12:30 No.6846  操作

6846の画像を原寸大表示します 前日の野宿が堪えてみなさん寝不足気味。入渓点で装備を整える。

  
 

題名:Re: 無題  名前:あらた 2019/07/31(水) 12:34 No.6847  操作

6847の画像を原寸大表示します ヌク沢は本来 下部より遡行開始するのですが 体力的 時間的にむりがあるので 近松新道より上部ヌク沢まで ちょっとした登山です。

 上部前半部はナメ滝がつづき いやしの沢 の様相を醸し出しています。

  
 

題名:Re: 無題  名前:あらた 2019/07/31(水) 12:39 No.6848  操作

6848の画像を原寸大表示します とにかく ナメ滝 と 巨大堰堤が つづきます。これがいがいに 手ごわい。 
 枝沢 二俣 のチェックを要所 要所 で 確認し 目当ての 幻の滝 をめざします!

  
 

題名:Re: 無題  名前:あらた 2019/07/31(水) 12:44 No.6849  操作

6849の画像を原寸大表示します 最後の堰堤をこえてからは 一転  たき 滝 瀧 のオンパレード〜。
 しかも 水量が多く 水線を攻められず 苦労します。G氏は語る「前に来たときは 水量がなかったからすいすい登った」と・・・。

ほんとに〜?と疑いたくなるシャワークライムスポット が点在してました。

  
 

題名:Re: 無題  名前:あらた 2019/07/31(水) 12:46 No.6850  操作

6850の画像を原寸大表示します 果敢に攻める M井さん。
  
 

題名:Re: 無題  名前:あらた 2019/07/31(水) 12:49 No.6851  操作

6851の画像を原寸大表示します Mさん突破!
  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2019/07/31(水) 12:53 No.6852  操作

6852の画像を原寸大表示します とにかく 水の勢いが すごい!!
 危ないところは 巻き 行けるところは 積極的にチャレンジ!

そんなことを やりながら へばってきたところで 見上げると 「おお!!」 とだれもが 歓声を上げる 「幻の滝 中段」 
 わたしも ネット や 資料で観ていたのですが 言葉が洩れる そんな滝です。

  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2019/07/31(水) 12:57 No.6853  操作

6853の画像を原寸大表示します カメラのファインダーに納まらない スケール で 「これ、滝?」というくらい のスケール。 岩場に 水を流したような 滝です。
  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2019/07/31(水) 13:14 No.6854  操作

6854の画像を原寸大表示します さて、こまった。 ふだんなら 技量に応じてどこでも 登れるらしいのですが 水線 は・・・。
 ということで 登攀リーダーM氏が先行し パートナーのS間さんが追従し ルートを確認します。

 G藤さんは セオリーの右側からトラバースで左側にあがっていきます。
  私は静観していたのですが 途中から  G藤ラインをなぞり中間テラスまであがり 待機しました。

 事前に示し合わせたわけではないのですが お互いが考えてうごいた結果 ちょうどいい ポジションに なり 登攀リーダーが まず
G藤さんを ロープで確保し水線わきのルートをあがりクリア。

 つぎに S間さん ルートでクリア。

そして ロープを私の位置に落とし 私が 下段のM井さんへ改めてロープを投げる。 ロープで確保し ほぼG藤さんルートでクリア。

 私はテラスのすこし上の大岩にのぼり そこから 横に移動し 確保し トラバースし G藤さんラインでクリア。

 なかなかの 登攀ゾーンで おもしろかったです。

  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2019/07/31(水) 14:52 No.6855  操作

6855の画像を原寸大表示します 上段もふだんは水線で階段状に登れるらしいのですが・・・。ということで 大巻 か 右岸の草付きを行くか ということになり 後者を選択。この草付きで 弱点が露呈し 少し遅れがちに。精進しないと(苦)。

  
 

題名:Re: 無題  名前:名無しさん 2019/07/31(水) 15:11 No.6856  操作

6856の画像を原寸大表示します 12:20ごろにヌク沢終了地点に到着。もともと計画した時点でかなりの時間的余裕をつくっていたのですが食い尽くし 小休憩のあと 詰め にとりかかり 登山道着 は13:15分ごろ。
 ここでやっと大休止。 沢登りの頂上にあたる登山道は最高に居心地がよく らーめんやコーヒーを淹れて リフレッシュし 下山に取り掛かりました。

 まとめ

今回の山行は 雨とにらめっこの 計画でした。当初第4週にするか第5週にするかで悩み 梅雨明け確実の 第5週に決めたのはよかったのですが こんどは 猛暑 で 体がついていくか心配になり 熱中症対策や 前泊の形態 西沢渓谷までのアプローチなど 悩みどころ満載でしたが 蓋をあけてみれば メンバーが各々に動いてくれて スムーズにことは運びました。

 下山時間が遅くなったのは 沢の状況が あまりに平時より 水量が多く 定番のクライムラインが使えなかったことに尽きるとおもいます。
  今回の沢で学んだことは バリエーションルートはもちすぎる余裕は存在しないと改めて思い知らされました。 


 以上



題名:7月会山行 沢登り講習会(徒渉編)  名前: 2019/07/17(水) 13:36 No.6816  操作


6816の画像を原寸大表示します 今回も渓友塾の宗像講師にお願いして徒渉講習会を開催しました。三条新橋に到着した頃、パラパラと雨が降って気温も低めで寒いせいか、皆さんテンション低め。
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/17(水) 13:38 No.6817  操作


6817の画像を原寸大表示します さあ!元気出して行きましょう!
先ずは、単独徒渉。

  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/17(水) 13:40 No.6818  操作


6818の画像を原寸大表示します スクラム徒渉2人編
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/17(水) 13:42 No.6819  操作


6819の画像を原寸大表示します 木を杖として使った単独徒渉
これは、なかなか実用的でした。

  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/17(水) 13:44 No.6820  操作


6820の画像を原寸大表示します ロープを使った徒渉。
先ずはトップが対岸に渡ります。

  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/17(水) 13:47 No.6821  操作


6821の画像を原寸大表示します 両岸にロープを渡したらその他が続く。
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/17(水) 13:48 No.6822  操作


6822の画像を原寸大表示します 折り返し練習
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/17(水) 13:50 No.6823  操作


6823の画像を原寸大表示します 練習あるのみ
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/17(水) 13:51 No.6824  操作


6824の画像を原寸大表示します 流れの強いところでも練習してみる
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 00:06 No.6836  操作


6836の画像を原寸大表示します 宗像先生の愛のムチで、N倉さんは激流部へロープを流す(笑)
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 00:08 No.6837  操作


6837の画像を原寸大表示します 肩がらみでロープを調整する宗像先生
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 00:10 No.6838  操作


6838の画像を原寸大表示します 激流その2
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 00:12 No.6839  操作


6839の画像を原寸大表示します チロリアンブリッジ
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 00:13 No.6840  操作


6840の画像を原寸大表示します 上からチロリアンブリッジ
これはかなり楽しい!

  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 00:16 No.6841  操作


6841の画像を原寸大表示します 対岸でロープを張っているのは人力です。
立木などが無い場合は人の数が多い場合は人海戦術となります。

  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 11:19 No.6842  操作


6842の画像を原寸大表示します 重い人がチロリアンブリッジすると対岸の人達が大変です。
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 11:21 No.6843  操作


6843の画像を原寸大表示します ザックピストン法で泳ぎました。
  
 

題名:Re: 7月会山行 沢登り講習会(徒渉編) 
名前: 2019/07/18(木) 11:26 No.6844  操作


6844の画像を原寸大表示します ザックをビート板みたいに使いロープで引き寄せます。
引き寄せるのをやめると、泳いでる人が沈むので注意。ベテランさんが泳いだ時に実験済み(笑)




題名:無題  名前:oga 2019/07/17(水) 15:04 No.6825  操作


6825の画像を原寸大表示します 7月会山行尾根組
  
 

題名:7月会山行尾根組  名前:oga 2019/07/17(水) 15:11 No.6826  操作

6826の画像を原寸大表示します 標高2000mからスタート
  
 

題名:7月会山行尾根組  名前:oga 2019/07/17(水) 15:14 No.6827  操作

6827の画像を原寸大表示します シカが休憩
  
 

題名:Re: 無題  名前:oga 2019/07/17(水) 15:15 No.6828  操作

6828の画像を原寸大表示します ガスが上がってくる
  
 

題名:7月会山行尾根組  名前:oga 2019/07/17(水) 15:19 No.6829  操作

6829の画像を原寸大表示します お試しのmさん
  
 

題名:7月会山行尾根組  名前:oga 2019/07/17(水) 15:21 No.6830  操作

6830の画像を原寸大表示します 東籠ノ登山山頂
  
 

題名:7月会山行尾根組  名前:oga 2019/07/17(水) 15:23 No.6831  操作

6831の画像を原寸大表示します すっかり雨
  
 

題名:Re: 無題  名前:oga 2019/07/17(水) 15:28 No.6832  操作

6832の画像を原寸大表示します 湯ノ丸高峰林道を散策
  
 

題名:7月会山行尾根組  名前:oga 2019/07/17(水) 15:29 No.6833  操作

6833の画像を原寸大表示します その2
  
 

題名:7月会山行尾根組  名前:oga 2019/07/17(水) 15:30 No.6834  操作

6834の画像を原寸大表示します その3
  
 

題名:Re: 無題  名前:oga 2019/07/17(水) 15:35 No.6835  操作

6835の画像を原寸大表示します 高峰温泉に下山
ランプの宿のお風呂がとても良かった。

高峰温泉駐車場登山10:10---水ノ塔11:05/11:15---東籠ノ登山12:00/12:10---湯ノ丸高峰林道12:45/14:00---高峰温泉駐車場2:40



題名:那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:10 No.6800  操作


6800の画像を原寸大表示します 源頭部の火山鉱物の影響で乳白色ブルーの変わった水の色してるスッカン沢。
スッカンブルーと言われているみたい。

  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:12 No.6801  操作

6801の画像を原寸大表示します シジミのおすましみたいな色(笑)
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:57 No.6802  操作

6802の画像を原寸大表示します またしても柱状節理の岩
ここのすぐ近くの遊歩道は崩れていて通行止めになってます。
沢登りなら通行止めは関係なくこの景色が見れます。しかし、結構崩れていているので注意が必要。

  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:16 No.6803  操作

6803の画像を原寸大表示します とっても神秘的な場所でした。
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:18 No.6804  操作

6804の画像を原寸大表示します フォレストシャワー
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:19 No.6805  操作

6805の画像を原寸大表示します フォレストシャワーその2
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:22 No.6806  操作

6806の画像を原寸大表示します フォレストシャワーのすぐ先に『雄飛の滝』という絶望的な滝が。。
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:24 No.6807  操作

6807の画像を原寸大表示します 正面からみた雄飛の滝
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:26 No.6808  操作

6808の画像を原寸大表示します 取り付くフリ その1
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:27 No.6809  操作

6809の画像を原寸大表示します 取り付くフリ その2
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:30 No.6810  操作

6810の画像を原寸大表示します こちらは桜沢
雷霆の滝
水流の真ん中を登る

  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:32 No.6811  操作

6811の画像を原寸大表示します 滑っているので慎重に行く
  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:34 No.6812  操作

6812の画像を原寸大表示します 最後はG藤さん

  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:43 No.6813  操作

6813の画像を原寸大表示します なが〜い、ゴロ地帯を飽きながら進むと神秘的な釜が現れました。
この滝は雨が降った後にしか現れない幻の滝で『おしらじの滝』というそうです。
残念ながら滝の出現はなく。。
でも、とても魅力的な釜の色でした。

  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:42 No.6814  操作

6814の画像を原寸大表示します 遠くからの『おしらじの滝』
ここは遊歩道から歩いて見に来れる滝で、観光客の人もいました。
インスタ映えというやつですね。。

  
 

題名:Re: 那須 スッカン沢&桜沢  名前: 2019/06/24(月) 21:48 No.6815  操作

6815の画像を原寸大表示します 今回はここで遡行終了。
遊歩道を使って、楽々な脱出でした。
桜沢とスッカン沢は滝を観る為の遊歩道があり、沢登りと観光がミックスされた感じでした。
しかし、観光地化された滝も登ってみると、なかなかのスリルもあり、全体的に楽しめました!



題名:6月会山行 土肥大杉跡〜新崎川  名前: 2019/06/24(月) 20:34 No.6793  操作


6793の画像を原寸大表示します アプローチの道は倒木だらけ
  
 

題名:Re: 6月会山行 土肥大杉跡〜新崎川  名前: 2019/06/24(月) 20:35 No.6794  操作

6794の画像を原寸大表示します やっと、入渓。
リーダーのA坂さん

  
 

題名:Re: 6月会山行 土肥大杉跡〜新崎川  名前: 2019/06/24(月) 20:36 No.6795  操作

6795の画像を原寸大表示します 雨上がりなので結構な水量でした。
  
 

題名:Re: 6月会山行 土肥大杉跡〜新崎川  名前: 2019/06/24(月) 23:30 No.6796  操作

6796の画像を原寸大表示します 柱状節理の岩も水量が多くて、よく見えない。
それでも、不思議な形状の岩は見ていて飽きない。

  
 

題名:Re: 6月会山行 土肥大杉跡〜新崎川  名前: 2019/06/24(月) 20:43 No.6797  操作

6797の画像を原寸大表示します 帰りも倒木だらけ
  
 

題名:Re: 6月会山行 土肥大杉跡〜新崎川  名前: 2019/06/24(月) 21:01 No.6798  操作

6798の画像を原寸大表示します 藪の中の行列
  
 

題名:Re: 6月会山行 土肥大杉跡〜新崎川  名前: 2019/06/24(月) 21:05 No.6799  操作

6799の画像を原寸大表示します 今回は3月に行った時とは逆の方向からのアプローチでした。逆になると雰囲気もまた違い、色々と発見もありました。水量多すぎで滝は登れませんでしたが、今回も皆で楽しい遡行でした。
A坂リーダー、ありがとうございました。お疲れさまでした!



題名:遅ればせながら。一ノ倉南稜  名前: 2019/06/24(月) 20:12 No.6786  操作


6786の画像を原寸大表示します 相変わらずの威圧感

  
 

題名:Re: 遅ればせながら。一ノ倉南稜  名前: 2019/06/24(月) 20:13 No.6787  操作

6787の画像を原寸大表示します テールリッジ
  
 

題名:Re: 遅ればせながら。一ノ倉南稜  名前: 2019/06/24(月) 20:15 No.6788  操作

6788の画像を原寸大表示します 日差しが強く暑かった。
  
 

題名:Re: 遅ればせながら。一ノ倉南稜  名前: 2019/06/24(月) 20:17 No.6789  操作

6789の画像を原寸大表示します 誰?(笑)
  
 

題名:Re: 遅ればせながら。一ノ倉南稜  名前: 2019/06/24(月) 20:20 No.6790  操作

6790の画像を原寸大表示します 今回は、M木さんのザイルパートナーの方もご一緒させていただきました。

  
 

題名:Re: 遅ればせながら。一ノ倉南稜  名前: 2019/06/24(月) 20:25 No.6791  操作

6791の画像を原寸大表示します 今回は『火曜山遊会一ノ倉へ行こう!チーム』初参加のS田さんとY内さんと私で3人登りでした。
3人登りのロープワークは今後も考えていきたい課題となりました。

  
 

題名:Re: 遅ればせながら。一ノ倉南稜  名前: 2019/06/24(月) 20:27 No.6792  操作

6792の画像を原寸大表示します 何だかんだ忙しくて、写真はこれだけです(笑)
また来るぞ!一ノ倉!



題名:谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/20(木) 23:43 No.6755  操作


6755の画像を原寸大表示します 皆さんのカメラ写真から抜粋してUPします。
日本第三急登の西黒尾根からスタートです。

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/20(木) 23:46 No.6756  操作

6756の画像を原寸大表示します マチガ沢 上部
トライするにはまだまだ雪渓が危険。

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/20(木) 23:47 No.6757  操作

6757の画像を原寸大表示します ここを通過して振り返ると、ラクダのコブのようなピークでした。
名前の由来に成程!と皆で納得

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/20(木) 23:52 No.6758  操作

6758の画像を原寸大表示します 厳剛新道との出合をとる厳剛童氏(^^)
“西黒尾根ガレ沢の頭”とも言うのですね。

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/20(木) 23:53 No.6759  操作

6759の画像を原寸大表示します ザンゲ岩
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/20(木) 23:55 No.6760  操作

6760の画像を原寸大表示します 懺悔する男
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/20(木) 23:56 No.6761  操作

6761の画像を原寸大表示します 肩の小屋付近はやはり残雪。
初めての雪トラバースに緊張気味

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/20(木) 23:58 No.6762  操作

6762の画像を原寸大表示します 4人のうち2人が初めての谷川岳
おめでとうございます♪

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 00:03 No.6763  操作

6763の画像を原寸大表示します オキの耳
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 00:04 No.6764  操作

6764の画像を原寸大表示します ここから先は私も未踏エリア
鳥居を通過するんですね。

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 00:05 No.6765  操作

6765の画像を原寸大表示します 浅間神社だということに驚き。
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 00:06 No.6766  操作

6766の画像を原寸大表示します 稜線がカッコいい
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 00:09 No.6767  操作

6767の画像を原寸大表示します ノゾキ

今回楽しみにしていた景色の一つ。
上から一の倉沢を見下ろしてみたかった。

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 09:46 No.6768  操作

6768の画像を原寸大表示します ズームアップ1

先日PENさんと登った垂直壁
衝立岩中央稜

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 00:13 No.6769  操作

6769の画像を原寸大表示します ズームアップ2

南稜は確認しにくいですが、
烏帽子岩のてっぺんに草が生えていることが確認出来て
更に愛着沸く(^_^)

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 00:14 No.6770  操作

6770の画像を原寸大表示します 先に進みます。
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 00:16 No.6771  操作

6771の画像を原寸大表示します 一ノ倉岳避難小屋
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 09:45 No.6772  操作

6772の画像を原寸大表示します 一ノ倉岳
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 14:34 No.6773  操作

6773の画像を原寸大表示します 編集用w
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 14:36 No.6774  操作

6774の画像を原寸大表示します 芝倉岳へ向かうコルで結構雪渓が残っていた。
芝倉沢BCはこの辺りからドロップインです。

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 14:38 No.6775  操作

6775の画像を原寸大表示します 芝倉岳

ここの避難小屋で泊まるか
先へ進むか協議。

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 14:39 No.6776  操作

6776の画像を原寸大表示します 進むことにしました。
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 14:47 No.6777  操作

6777の画像を原寸大表示します その2
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 15:14 No.6778  操作

6778の画像を原寸大表示します 降ってきた〜!
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 15:15 No.6779  操作

6779の画像を原寸大表示します 蓬ヒュッテに到着
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 15:17 No.6780  操作

6780の画像を原寸大表示します 翌朝

  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 15:18 No.6781  操作

6781の画像を原寸大表示します 編集用
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 15:20 No.6782  操作

6782の画像を原寸大表示します こんなとこや
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 15:21 No.6783  操作

6783の画像を原寸大表示します こんなとこを通過し
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 15:23 No.6784  操作

6784の画像を原寸大表示します ようやく下流へ
  
 

題名:Re: 谷川馬蹄形縦走 2018.6.18-19  名前: 2019/06/21(金) 15:30 No.6785  操作

6785の画像を原寸大表示します お疲れ様でした〜。

二日目雷雨予報だった為、エスケープしましたが
いつもと違うメンバーとの山、新鮮で楽しかったです。

下山と同時にリベンジの気持ちが全員に沸いたので
再企画を誓い、今回の山行は終了しました。

谷川馬蹄形、想像していたよりタフなコースでした。
久しぶりの稜線歩きに癒されました。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 9
03/30 (月) 9
03/29 () 17
03/28 () 18
03/27 (金) 9
03/26 (木) 21
03/25 (水) 13
03/24 (火) 11
合計: 39248

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web