火曜山遊会画像掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:パスをどうぞ
答え:

題名:12月18日倉岳山・高倉山  名前:TOM 2018/12/18(火) 22:10 No.6328 


6328の画像を原寸大表示します 倉岳山からタップリ雪の富士山
  
 

題名:Re: 12月18日倉岳山・高倉山  名前:TOM 2018/12/18(火) 22:12 No.6329 

6329の画像を原寸大表示します 高畑山でもタップリ太陽の恵み
  
 

題名:Re: 12月18日倉岳山・高倉山  名前:TOM 2018/12/18(火) 22:14 No.6330 

6330の画像を原寸大表示します 2時間も太陽を浴び富士山を眺め贅沢しました


題名:八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 06:54 No.6318 


6318の画像を原寸大表示します 14日ジョウゴ沢偵察
  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 06:59 No.6319 


懸垂下降してこの滝で遊ぼうと思いましたが、
氷が薄く今日はここまで

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 07:00 No.6320 


6320の画像を原寸大表示します 写真を貼り忘れました
  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 07:03 No.6321  HomePage


6321の画像を原寸大表示します おーー
総額は幾らだ
のめり込んでいます。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 07:07 No.6322  HomePage


6322の画像を原寸大表示します 15日裏同心ルンゼを登る
  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 07:09 No.6323  HomePage


6323の画像を原寸大表示します 大同心をバックにアイスクライミング
  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 07:13 No.6324  HomePage


6324の画像を原寸大表示します 左は御方は日本屈指のクライマーです。
3人を引っ張っての登攀

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 07:15 No.6325  HomePage


6325の画像を原寸大表示します 小同心クラックに向かうバンド
ノーロープでのアプローチは緊張します。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 07:18 No.6326 


6326の画像を原寸大表示します 小同心クラックルートを諦め
稜線へと抜ける

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15その2 
名前:Pen 2018/12/17(月) 07:21 No.6327 


6327の画像を原寸大表示します 大同心をバックに


題名:2018.12.11 会山行 越沢バットレス(バリ組) 
名前: 2018/12/12(水) 13:40 No.6293 


6293の画像を原寸大表示します 下から見上げる、第二スラブ3ピッチ目は圧巻です。
トライ中のMさん

  
 

題名:Re: 2018.12.11 会山行 越沢バットレス(バリ組) 
名前: 2018/12/12(水) 13:44 No.6294 


6294の画像を原寸大表示します 上から見るとこんな感じ。
頑張るHITOMIちゃん

下には、ノリさん&まつきちさんペア

  
 

題名:Re: 2018.12.11 会山行 越沢バットレス(バリ組) 
名前: 2018/12/12(水) 13:47 No.6295 


6295の画像を原寸大表示します 2ピッチ目リードののりさん
  
 

題名:Re: 2018.12.11 会山行 越沢バットレス(バリ組) 
名前: 2018/12/12(水) 14:15 No.6296 


6296の画像を原寸大表示します 3ピッチ目をリードするまつきちさん。

下の東屋には、右ルートを終えたPENさんチームの姿が。


ここは、マルチピッチ練習とアイゼン練習にはお勧めです。
特に平日は貸し切りです。

ただ、フリークライミング対象のゲレンデではありません。
アルパインの本チャン練習に適したゲレンデです。
ピンが古いことを踏まえ、落ちないように心がけて下さいませ。



  
 

題名:Re: 2018.12.11 会山行 越沢バットレス(バリ組) 
名前:まつきち 2018/12/12(水) 17:16 No.6297 


6297の画像を原寸大表示します アルパインおそるべし!めっちゃ怖かった。特にスラブのトラバースとそれが終わってからのルートミスのクライムダウン(恐怖)。。初見リードは難しい。沫さん恐れ入りました!
写真はノリさんです。

  
 

題名:Re: 2018.12.11 会山行 越沢バットレス(バリ組) 
名前:Pen 2018/12/17(月) 06:47 No.6316 


6316の画像を原寸大表示します 左スラブを登る
まっつんさん

  
 

題名:Re: 2018.12.11 会山行 越沢バットレス(バリ組) 
名前:Pen 2018/12/17(月) 06:49 No.6317 


6317の画像を原寸大表示します 鳩ノ巣駅での集合写真


題名:八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:00 No.6298 


6298の画像を原寸大表示します 八ヶ岳アイスクライミング
初日はジョウゴ沢で足慣らし。

F1

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:01 No.6299 


6299の画像を原寸大表示します 30年ぶりのアイス
とのPENさん

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:01 No.6300 


6300の画像を原寸大表示します F2に向かいます
  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:03 No.6301 


6301の画像を原寸大表示します おぉ〜。15mの滝は圧巻。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:04 No.6302 


6302の画像を原寸大表示します テンション上がりますよね〜♪


  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:07 No.6303 


6303の画像を原寸大表示します しっか〜し!
この氷の下は、ザーザー滝が流れておりました。
怖かった〜〜〜

この日は、ここまで。早めに切り上げて赤岳鉱泉に戻りました。
本番は、翌日の裏同心ルンゼと小同心クラックの連続登攀♪

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/17(月) 08:56 No.6304 


6304の画像を原寸大表示します 翌日は、朝6時に出発。

なんと、那●の滝に登っちゃったあのクライマーさんが
同じルートをガイド登山されていて、一緒に平行して登りました。

写真は、裏同心ルンゼ最後の滝。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:12 No.6305 


6305の画像を原寸大表示します 裏同心ルンゼ最後の滝。
PENさんと、そのクライマーさん♪
お客さん3人を引き上げるべく
ロープ3本繋いでリードされていました。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:17 No.6306 


6306の画像を原寸大表示します 私たちは小同心に行くので
最後の滝には登らず、大同心基部に向かいます。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:21 No.6307 


6307の画像を原寸大表示します 阿弥陀岳が見えてきました。
  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:20 No.6308 


6308の画像を原寸大表示します 大同心基部(左)
  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:26 No.6309 


6309の画像を原寸大表示します 小同心基部。積雪5センチ。雪はサラサラ。
ここを突破しないと小同心クラックルートにはたどり着けません。
しかし、ピンもなし、確保も出来ず、足を滑らせたら、大同心ルンゼを真っ逆さまに滑落。

恐ろしくて、とても前に進めませんでした。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:29 No.6310 


6310の画像を原寸大表示します 大同心稜に戻り下山しようと思いましたが、
大同心南稜の取り付き付近に右に登れそうな箇所を見つけ、
様子を見ながら登ってみることにしました。

小同心に向かって右上に登攀をしてみると、チムニーに合流。
ここをアイゼンステミングで登ってみる。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:30 No.6311 


6311の画像を原寸大表示します さらに登ると、小同心の肩に出ました。
ここは、小同心クラックの終了点です。

  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:33 No.6312 


6312の画像を原寸大表示します 結果的にフリーで小同心登っちゃいましたね〜。


  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:45 No.6313 


6313の画像を原寸大表示します この時は分からなかったのですが、
自宅に帰って調べてみると、チムニーからは小同心北稜ルートだったようです。

勿論、知らず知らずのうちに北稜に合流していたので、
本来のトポよりズレています。
なのでピンもなくフリー登攀となってしまいました。

ですが、大同心南稜取り付きから小同心北稜へのルーファイは最高でした。
小同心クラックをトポ通りに登るより達成感があり面白かったです。


良い経験が出来ました。


  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:35 No.6314 


6314の画像を原寸大表示します 一般道に出て硫黄岳経由で下山
  
 

題名:Re: 八ヶ岳アイスクライミング&雪山登攀 2018.12.14-15 
名前: 2018/12/16(日) 18:45 No.6315 


6315の画像を原寸大表示します 15:50 赤岳鉱泉に到着。
お疲れ様でした&有難うございました♪



題名:12月11日 滝子山  名前:TOM 2018/12/11(火) 21:30 No.6292 


6292の画像を原寸大表示します 富士山もくっきりでした。


題名:越沢バットレスアイゼントレ  名前:まつきち 2018/12/07(金) 18:34 No.6291 


6291の画像を原寸大表示します 右ルート懸垂支点から。

「アイゼンでリード」(°_°)(完登出来た自分にもビックリ!)今までと違う世界へ踏み出したかも?一枚ページがめくられたようです。M尾師匠ありがとうこざいました!



題名:2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 01:54 No.6281 


6281の画像を原寸大表示します まずは下ります。
  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 01:59 No.6282 

6282の画像を原寸大表示します 予報に反して12月においては最高の天気です。
  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 02:05 No.6283 

6283の画像を原寸大表示します 綺麗な沢です
  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 02:08 No.6284 

6284の画像を原寸大表示します F1
登れる滝が殆んどですが、ここは巻き

  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 02:11 No.6285 

6285の画像を原寸大表示します ナメと小滝が交互に現れる
  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 02:14 No.6286 

6286の画像を原寸大表示します 二俣
この左沢にも興味が

  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 02:16 No.6287 

6287の画像を原寸大表示します この位の小滝は幾つも現れる
  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 02:17 No.6288 

6288の画像を原寸大表示します その2
  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 02:19 No.6289 

6289の画像を原寸大表示します 沢を離れてツメに
けっこう急です

  
 

題名:Re: 2018.12.04某沢w  名前:Pen 2018/12/07(金) 02:20 No.6290 

6290の画像を原寸大表示します もう殆んど真っ暗



題名:某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 21:59 No.6267 


6267の画像を原寸大表示します 沢登りをする人なら誰もがご存知の超有名な方を講師としてお招きして、夢の様な講習会を実現する事ができました。
  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:03 No.6269 

6269の画像を原寸大表示します 最初から地図読み必須のアプローチ。
某沢の近くに走っている林道が完全通行止めなので、一度稜線に上がってから尾根伝いに目的の沢に下降してアプローチします。当然、登山道はありません。

  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:07 No.6270 

6270の画像を原寸大表示します 急な尾根を歩いて降りて、沢の手前は懸垂下降で降りて沢に入りました。
やっと入渓です。

  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:11 No.6271 

6271の画像を原寸大表示します 立派な滝!
人がほとんど入ってない沢なので、人工物は見た限りゼロです。
この滝はちょっと厳しいので高巻き。
高巻きもまあまあ悪いので気が抜けませんでした。

  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:13 No.6273 

6273の画像を原寸大表示します 滑滝が多く、どちらかというと癒し系の沢。
  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:15 No.6274 

6274の画像を原寸大表示します ほとんど滝を越えて行く感じです。
  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:17 No.6275 

6275の画像を原寸大表示します まだまだ滝が続く。
  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:21 No.6276 

6276の画像を原寸大表示します なかなか飽きさせない沢です
  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:25 No.6277 

6277の画像を原寸大表示します 時間切れなので途中で尾根に上がります。
これが結構緊張の連続でした。

  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:27 No.6278 

6278の画像を原寸大表示します かなり、イヤらしいトラバースではロープ出しました
  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:28 No.6279 

6279の画像を原寸大表示します 急登のツメは息が切れますね。
  
 

題名:Re: 某沢にて渓友塾沢登り講習会  名前: 2018/12/05(水) 22:36 No.6280 

6280の画像を原寸大表示します 途中の集合写真

今回は遡行図に頼らない地形図だけでの遡行をテーマに勉強しました。
その他、沢登りで有効なビレイ方法や懸垂下降時での沢登り独自のエイト環の使い方など、岩登りとは違う意味などを教わりました。
どれも興味深く、内容の深い楽しい一日でした。



題名:会山行 クライミング組 兜岩  名前: 2018/11/15(木) 21:51 No.6260 


6260の画像を原寸大表示します 思っていた以上に立派で楽しい岩場でした。
とはいえ全体的に難しいルートばかりでしたが。。

  
 

題名:Re: 会山行 クライミング組 兜岩  名前: 2018/11/15(木) 21:53 No.6261 

6261の画像を原寸大表示します トライしてムーブ研究中のまつきちさん。
  
 

題名:Re: 会山行 クライミング組 兜岩  名前: 2018/11/15(木) 21:54 No.6262 

6262の画像を原寸大表示します 核心部
  
 

題名:Re: 会山行 クライミング組 兜岩  名前: 2018/11/15(木) 21:56 No.6263 

6263の画像を原寸大表示します ガンバ!

  
 

題名:Re: 会山行 クライミング組 兜岩  名前: 2018/11/15(木) 21:57 No.6264 

6264の画像を原寸大表示します みんな、やる気満々です。
  
 

題名:Re: 会山行 クライミング組 兜岩  名前: 2018/11/15(木) 21:59 No.6265 

6265の画像を原寸大表示します イヤらしいトラバース
  
 

題名:Re: 会山行 クライミング組 兜岩  名前: 2018/11/15(木) 22:04 No.6266 

6266の画像を原寸大表示します 写真はこれだけ。
写真はありませんが、みんなガンガン登って楽しみました。
全体的に辛い課題が多くて難儀しますが、精進あるのみですね。
会山行でこうゆう感じもいいかも。(^^)
楽しかったです。ありがとうございました。



題名:兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/14(水) 15:25 No.6241 


6241の画像を原寸大表示します 兜山の岩ゲレンデで岩トレ組と尾根組合同記念撮影〜
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/14(水) 15:32 No.6242 

6242の画像を原寸大表示します 岩場周辺にて。
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/14(水) 15:34 No.6243 

6243の画像を原寸大表示します ゲレンデの様子。なんかむずかしそうですね(笑)。
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/14(水) 15:35 No.6244 

6244の画像を原寸大表示します その2
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/14(水) 15:37 No.6245 

6245の画像を原寸大表示します 兜山にむかう道中にて。
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/14(水) 15:39 No.6246 

6246の画像を原寸大表示します 急坂を抜けて稜線に出たので 小休止。
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/14(水) 15:41 No.6247 

6247の画像を原寸大表示します 兜山に到着。この山は 瑞垣山に似ていて ところどころに巨石があります。
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/14(水) 15:45 No.6249 

6249の画像を原寸大表示します 合成用
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:名無しさん 2018/11/14(水) 15:56 No.6252 

6252の画像を原寸大表示します 棚山山頂。兜山と違い 明るく展望が開け これから向かう ほったらかしの湯 が見え 天気が快晴だったら 奥秩父の山々がみれたことでしょう・・。
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:名無しさん 2018/11/14(水) 16:00 No.6254 

6254の画像を原寸大表示します 合成用
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:名無しさん 2018/11/14(水) 16:01 No.6255 

6255の画像を原寸大表示します 棚山からの眺望
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:名無しさん 2018/11/14(水) 16:02 No.6256 

6256の画像を原寸大表示します 期待していなかったのに 紅葉 が きれいです。
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:名無しさん 2018/11/14(水) 16:04 No.6257 

6257の画像を原寸大表示します その2
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:名無しさん 2018/11/14(水) 16:06 No.6258 

6258の画像を原寸大表示します 重ね岩にて。ここから先ルートファイングで相談 斥候 をして 赤リボンさがし。
  
 

題名:Re: 兜山〜棚山縦走 尾根組  名前:あらた 2018/11/15(木) 11:52 No.6259 

6259の画像を原寸大表示します 重ね岩で 鹿尻男を発見!!
 マタギかな〜? マタギじゃないよ ま〇たよ〜。

 今回の会山行は 初の 岩トレ班 と 尾根班 の 同じ山域での山行となりました。
 リーダーの柔軟な構想で 岩 尾根 ともに 同じ往路をたどれ そのおかげで 温泉 反省会 ともに 共有出来ました。

 これからの 会山行の新し形を作られたのではないでしょうか(笑)。

 わたし個人は 岩 も 尾根 も魅力的だったのですが 今回はなかなか個人ではいきずらい山域ということもあり 尾根の方に参加させていただきました。

 兜山〜棚山 は ハイキングコースではあるのですが 破線ルートに近く 仕事道 や けものみち 廃道 などが 交差しており 地図読み ルートファインディングの勉強になりました。

行動リーダーを S氏にお願いし ペース配分も遅すぎず 早すぎずで コースタイムを 40分上回る安全山行でした。

 リーダー 行動リーダー ありがとうございました。  
コースタイム
登山口9:00→岩トレゲレンデ9:30→兜山山頂10:15→神峰12:00→棚山山頂12:40 大休止13:20→重ね石13:45→下山14:50→ほったらかし温泉15:00


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 2
12/04 (金) 2
12/03 (木) 5
12/02 (水) 3
12/01 (火) 3
11/30 (月) 3
11/29 () 4
11/28 () 2
合計: 40767

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web