現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 信用するな 名前:ロイヤル
2012/05/14(Mon) 16:14 No.1651 

vc039.net027098004.thn.ne.jp

あるきっかけを見つけたのです。
つぎつぎに絡んだ糸がほぐれるように、そして担当の車両販売部所の責任者も元社員の犯罪を認め始めたのです。
本人は免職になっていました。
裁判でも優位に立てるようになってきました。
当然車は転売されていました。
これは盗難車を承知で買い儲ける1回り大きな犯罪ですね。
なにはともあれ私の名前で振り込まれたローン金は1部を除き
ファイナンスに戻りました。
弁護士は私に和解を求めてきました。
裁判官の勧めもありこれについての判決は実質私の勝訴にて決着
しました。
裁判官も素人の私の頑張りに「よく頑張った」と褒めてくれました。
スタートから1年数か月刑事になったり弁護士になったりしながら1人でよくやりぬいたと本当に自分で自分を褒めています。

信用もほどほどにお付き合いを。
寂しいけど時代はそんなときなのでしょうか。

こんな簡単なものでは勿論なかったですけど貴重な体験をなるべく簡素に書かせて戴きました。








この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: