現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:桂離宮・修学院離宮 名前:青の旅人
2017/02/28(Tue) 21:44 No.1036 


1036の画像を原寸大表示します 2月25日、26日と京都へ行く。
主な目的は、桂離宮と修学院離宮の参観です。
この離宮は宮内庁管轄の施設のため事前に申し込みが必要。宮内庁のHPで事前に申し込み抽選に通ると参観できる。因みに仙洞御所は予約当初は空きがあったが抽選で漏れてしまった。最近は、当日参観枠もあり早めに行って並ぶと入れる可能性がある。

桂離宮も修学院離宮も江戸初期内建てられた皇室関係の別荘である。
桂離宮は規模はこじんまりとした集約された庭園であり、修学院離宮は対照的に比叡山を背景に田畑もある田園の風景の中に配した別荘である。
どちらが好きか好みの分かれるところである。

25日にはそのほかに二条城と北野天満宮にも寄る。

元離宮二条城は東大手門や駐車場のが工事中のため駐車場に困るが少し離れたところに小さなパーキングに車を停めることができた。
唐門も修復済みのため非常に美しかった。二の丸御殿の襖絵はすべてレプリカである。現在は、本物は隣に建てられている収蔵館に収められている。
そういえば、以前、キャノンが襖絵をデジタル画像に収め復元していた。

二条城を見た後、北野天満宮を訪れる。梅花祭と重なりこちらもたくさんの人であった。駐車するところが見当たらず、明日、もう一度訪ねてみようかと諦めかけていたところ少し離れたコインパーキングから一台の車が出ていくところだったため、そこに駐車することができた。
見学の後、買おうと思っていた団子やまんじゅうの店(三平餅)や有名なカステラの店(カステラ ド パウロ)も4時ころには完売。

撮影はあまり目的としていなかったため力が入っていなかったのですが、北野天満宮ではα7-Rに35ミリ単焦点レンズを付けてスナップを撮るが最近あまり使っていなかったカメラのためマニュアルになっているのに気が付かず撮ってしまいすべてピントが少し奥に外れていた(>_<)

翌日は、修学院離宮へ行ったのですが、カメラを車の中に入れたまま宿泊したら電池が20%を切ってしまっていた。予備電池も同様!修学院離宮で数枚撮った段階で写真を撮ることができなくなった。(寒冷地ではとてもじゃないがこのカメラは使えない)

ということで、なんとこれはという写真はありませんでした!




この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: